Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


【追加】帰宅迄の道のりが怖くて、下記の質問をしました。
   
家まで誰にもすれ違わずに帰るのは難しいと思うのですが、どの程度気を付ければ、絶対うつらないって言えますか?
    
・マスク無しでくしゃみや咳をすると、かかった人にはもちろん感染する。
・ウイルスは体内にいるが、口元をぬぐったりした手には付着するので、当然その手で触れたところにはウイルスが付着する。 
  
まあつまり、触れないで帰宅すれば問題ないという認識で良いと思う。
  
……と、こんなところです。
  
つまり、本来なら、感染から1カ月ちょっとは人に接触せずに過ごす必要があると思う。
  
そして、保菌状態なのに症状が落ち着くということは、少なからずウイルスに対しての抗体は体内ではできているのではないかと考えられますが、ウイルスは進化します。
  
今回かかったウイルスには抗体ができた。と考えるのが妥当なのではないかと思います。
  
症状が人によって違うことからも、ウイルスの性質も違うのではないかという推測もできます。

具体的にどうすればうつさないですむのか


また、実際の検査数、相談数、死者数などについて、いろんな見解がありますが、少なくとも僕に来ている相談から察するに、検査数については、実際よりはかなり少ないのが事実だと思います。
  
その他の死者数など(肺炎で亡くなった方で検査をしていない方を死者に入れていないなど)については確かめようがないので、考察は無駄かと思います。
  
然るべき機関複数から自身で得た情報以外を拡散するのは、今は非常に時間の無駄と思いますので、なんとなくそれっぽい話であっても、シェアする前に一度考えることで、デマが流れるのを防げます。  
   
今はデマによって、人の危機感が無くなることが非常に危険です。これも一人一人が協力できるところかなと思っています。  

しかし、みなし陰性者結構いると思うんですが、大丈夫かな..。
    
絶対うつしたくないからって、自主的にPCRを念入りに受ける人なんて、どれだけ希望的観測を入れても70%いるかどうかだと思う…。  

文=渡辺一誠、編集=林亜季

VOL.187

米出版界にもコロナ効果、カミュの「ペスト」...

VOL.189

ロックダウンしないスウェーデンに「厳格な措...

PICK UP

あなたにおすすめ