行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

エンタメシェアリングサービス『Cinemally(シネマリー)』

Standbymeが運営する、「あなたの『好き』を分かち合う」エンタメシェアリングサービス『Cinemally(シネマリー)』β版は、映画館の休館や様々なリアルイベントが自粛となる昨今の状況を踏まえ、サービスの好きなコンテンツで繋がるという特性を活かし、映画やアートイベントなどに加え、新たに自宅でも楽しめるオンラインに特化したカテゴリーを2020年4月6日(月)に追加しリリースした。

「オンラインゲームタイトル」カテゴリーの拡充や、同じ作品を観賞しながらチャットが可能な「Netflix Party」、Zoomなどを使用した「オンライン飲み会」などを追加し、オンラインでのエンタメシェアリングニーズに対応すべくコンテンツを拡張していく。

今回のアップデートについて、代表の奥野圭祐は以下のようにコメントしている。

「気軽に好きな事を分かち合える、そんなゆるい繋がりを作りたいと思い、エンタメシェアリングサービスとしてCinemallyをリリースした。COVID-19(新型コロナウイルス)の影響で、外出自粛は続く。落ち着くまでは家で何もしない事も出来るかもしれない、でも、寂しさや孤独感を感じることが圧倒的に増えるこんな時こそ、家にいることが苦痛じゃなくなる、ゆるい繋がりが必要なのではないか。

特にゲーム業界では、自宅でのプレイを促しWHOが推奨する感染予防策を啓蒙する活動『#PlayApartTogether』がグローバル単位で行われるなど、独自のコロナ対策が見られます。この活動を後押しし、この状況をゲーム仲間とともに乗り越えられるように、今回の新機能実装に踏み切りました。

家にいたって、好きなことは分かち合える。今だからこそ必要なエンターテイメントを通して繋がろう。落ち着いたら、また遊びに行こう」

オンラインゲームで、一緒にプレイする仲間をCinemallyで


null

『Cinemally』では、エンタメシェアリング可能なコンテンツとして主に映画やアートイベントを追加していた。今後はライブ、スポーツ観戦、演劇など様々なエンターテイメントや体験を予定していた。しかし今回、新型コロナウイルスによるオンラインでのエンタメシェアリングニーズに対応すべく、マッチングできるコンテンツとして「オンラインゲームタイトル」を拡充した。

「あつまれ どうぶつの森」「荒野行動」「スプラトゥーン2」「Fortnite(フォートナイト)」などオンラインでのプレイが可能なゲームタイトルを追加していく。

離れていても、同じ映画を『Cinemally』で一緒に


null

Netflix上の同じ作品を観賞しながらチャットが可能な「Netflix Party」をコンテンツとして追加。他にもZoomなどを使用した「オンライン飲み会」カテゴリーでは、NetflixやAmazonプライム・ビデオなどの作品を勧め合うことが可能だ。

離れていても、あなたの「好き」は分かち合える。


null

『Cinemally』は、個の時代か共感で繋がる仲間の時代の代表的なサービスを目指し、「一緒に行く人が見つからない」「どうせなら誰かと楽しみたい」などいった「誰かと一緒に盛り上がりたい、感想を共有したい」という時代のニーズから生まれた、エンタメシェアリングサービス。

ネットとリアルの境界線が消えていき、物や時間をシェアリングすることが一般化していく時代に、気の合う仲間と簡単に好きなことをより楽しめる形を提供していく。

null

利用方法

null

手順:スマホにアプリをダウンロード(無料)
対応端末:iOS/AndroidOS

iPhoneの方はこちら>>
Androidデバイスの方はこちら>>

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい