I look at the impact of mobile technology and online media.

Photo by Justin Sullivan/Getty Images

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、販売スケジュールが延期されていたiPhone SE2が4月中に発売される見通しだ。テック系ユーチューバーでアップルの内部情報に詳しいJon Prosserは4月1日、次のようにツイートした。

「アップルは昨日の社内ミーティングで、4月中のリリースを決定した。暫定的なスケジュールとして4月15日に発表、22日に出荷となっている。感染拡大は継続中であり、予定が変更される可能性もあるが、幸運を祈ろう」

困難な状況のなかで、スマホメーカー各社は相次いで新端末をリリース中だ。ファーウェイは先週、P40シリーズをデビューさせ、OnePlusは4月中にOnePlus 8及びOnePlus 8 Proをリリースする。

世界の多くの都市がロックダウンに踏み切り、数億人の行動が制限されているが、人々の暮らしは続いており、新たなイノベーションが求められている。399ドルという求めやすい価格が噂されるiPhone SE2は、現在のアップルにとって非常に重要な端末になる。

ティム・クックらはここ数年、ハイエンドモデルの価格を1500ドル付近にまで押し上げたが、競合のアンドロイドメーカーは相次いで高機能なミッドレンジ端末を投入し、アップルは中価格帯での競争力を失った。

SE2が噂通り399ドルで発売されれば、今年最も注目のモデルとなり、競合の進撃を食い止められるはずだ。この端末で、アップルはこれまでシェアを伸ばせていなかった、新興国でのプレゼンスを高め、サブスクリプションサービスの売上も伸ばせるだろう。

一方で、当初の予定では今年9月にアナウンスされるはずだったハイエンドモデルのiPhone 12の発売は、2021年にずれ込むことが確実視されている。SE2はアップルが今年発売する唯一の端末としても、重要な役割を担うことになる。

アップルは飽和状態に達しつつある世界のスマホ市場において、可能な限りシェアを高め、今後の収益の要となるサブスクリプションのユーザーベースを確保しようとしている。SE2は、現行モデルのiPhoneのなかで、最もサイズが小さなモデルになる見通しだが、この端末は非常に大きな役割を担うことになる。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい