世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Getty Images

新型コロナウイルスとは一体何なのか。実際にかかると、一体どのような症状が出て、どのような状況に陥るのか。

3月22日に発熱し、4月1日現在も新型コロナウイルスに伴う肺炎で入院中のGlobality CEOの渡辺一誠さんが、闘病の中、フェイスブックで症状や自身の思いを綴っています。1万字を超えるその手記を、本人の許可を得て、一部編集の上お届けします。

あくまで手記であり、刻一刻と状況が変化しているため、医学的に正確であるかどうかは明らかでない箇所や、症状や感じ方についての個人差などはありますが、いま、まさに闘病中の貴重な患者の記録としてご紹介させていただきます。

「メッセージ性を薄めたくないので、実名で紹介しても構わない」との渡辺さんの思いを汲んで、ご一読いただけましたら幸いです。


「うつしたら、間違いなく恨まれるであろうほど辛い」


3月28日20時21分の投稿
  
こんばんは。
  
多分、知りたい人たくさんいると思うので、公開(情報発信)します。
  
まず、私、コロナ&肺炎で昨日から入院しています。
   
あなたの周りで初コロナ!だと思います。
   
ということで、実際どうなるのかなど、リアルな声を届けようかと思い、筆をとりました。
    
まず、コロナウイルスは治るとか、致死率は少ないとか、正確な情報だけを見ると、たいして危なくないように思われますが、これうつしたら、間違いなく恨まれるであろうほど辛いです。
  
インフルエンザのが30倍くらいマシです。  
  
心当たりのある方も、早めに検査を受けられるよう、その手順や、どうなるかということを共有しておけたらと思います。
  
3/22(日)、最初に発熱が確認できました。8時半からMTGのため六本木オフィスに移動、その後書店に移動しました。

15分ほどで風邪の引きはじめのような感覚になり、その後の食事の予定をキャンセル。

この日から在宅ワークに切り替えました。

たくさん食べて、部屋を暑くして、厚着して、汗かいて。

だけど、このルーティンにならず、身体が熱くなりきらないのです。

熱も、朝は低く、11時を超えるとだんだん上がってきて、夜になるにつれ、39.5度くらいに上がる日々。
  
絶対にインフルエンザだと思うところですが、木曜になっても同じルーティーン。
  
そしてまあまあキツイ頭痛。
   
咳などはありませんでした。
   
あれ、これ検査したほうが良いかも。。
  
その時思いました。  
  
だって、周りに年配の方もいるし、うつしたら、人殺しになり得る。  
  
なので、ちゃんと検査しようと。

本文=渡辺一誠 編集=林亜季

VOL.156

NYのコロナ流行、1日の入院数が過去最多に ク...

VOL.158

喫煙者の重症化リスク高い新型コロナ、今から...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい