Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

シックスカレー(本社:東京都渋谷区 代表:高木新平)は、新型コロナウイルスの報道を受け営業形態を変更。オフラインの6curryKITCHENを4月中活動停止する代わりに、オンライン上でつながる体験「6curryZoom」を開始する。今までとは違う、新しいコミュニティ・コミュニケーション体験をオンライン起点でつくる。

null

安全を第一に、4月中の店舗営業をすべて休業


6curryは、カレーをきっかけに集まり、人が出会い、会話し、自分のやりたいことや好きなことを見つけていくサードコミュニティを目指し、「EXPERIENCE THE MIX.」を合言葉に、会員制・招待制の6curryKITCHENを運営している。

日々新型コロナウイルスの報道が増えていく中、6curryKITCHENで生まれる人と人との出会い、「MIX(混ざり合うこと)」できる居場所を提供し続けるべく、営業継続の道を模索してきた。しかし、首相会見および週末の感染拡大状況を鑑み、4月の店舗営業の全面的な停止を決定した。

6curryの会員メンバーとMIX STAFFの安全・安心が第一であること、感染拡大が危惧される状況への影響を考慮し、この選択肢に至ったという。なお、状況次第ではあるが、現時点では5月以降は通常通りの営業を再開する予定。

また、6curryKITCHENの営業を停止している4月も、新しいチャレンジを行う。

オンライン上で「6curry Zoom店」をスタート


オフラインである6curryKITCHENの営業を停止する一方で、不安や孤独を感じるときだからこそ、6curryなりにつながれるよう、オンラインのビデオ通話"Zoom"を使ったMIXの開始を決定した。

本来であればオンラインのMIX体験も、6curry会員メンバー限定とするべきだが、オンラインという特性を考え、今まで地理的な問題で会員になれなかった人たちともつながりたいと考えている。

上記もふまえ、4月は実験的な運用となるため、会員費は無料。場所の制限をこえて、普段の6curryKITCHENとはまた違う、新しいMIXをつくっていく。

前回の6curryZoom店では、福岡や台湾、シンガポールから参加者が集まった。渋谷・恵比寿をこえて生まれる新しいMIXが期待できそうだ。

null
6curryZoomイメージ(画像は6curry×NEWPEACE社の全体会議の様子)

6curryZoom店の参加URLは、6curry会員メンバー登録時のメールアドレス宛に告知する。また公式LINEでも配信する。

レトルトカレーの在庫も緊急追加


また、普段6curryKITCHENで出している一番人気のカレー「ポークビンダルー」のレトルト在庫も緊急追加した。
家でで6curryを楽しむことができる。

null

null

6curryBRAND STORE

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい