世界が直面する課題の解決方法

ImageFlow / Shutterstock.com

世界経済フォーラムは、COVIDアクション・プラットホームの設立を発表しました。

同様の取り組みとしては初めてのものとなる本プラットホームは、共同でアクション(行動)を起こし、人々の生活を守り、事業継続を促進した上で、COVID-19対応に向けたサポートを結集するため、経済界をひとつにすることを目的としています。

本プラットホームは、WHO(世界保健機関)の協力のもと、アクションを一体化し、またそうした共同アクションについて周知することを目的として設立。すべての企業および業界、その他のステークホルダーが参加可能です。

コロナウィルス感染が拡大する中、世界中で生命、人々の生活、コミュニティ、事業に多大な影響を与えています。世界中のステークホルダーが、個々にさまざまなアクションを起こしていますが、それらを合わせても十分な対応ができているとは言えません。この未曾有の世界的な衛生上の緊急事態のリスクと影響を緩和できるのは、グローバルなマルチステークホルダーの協力と連携した、企業による協調的なアクションのみです。

この緊急事態を受け、WHOのパートナーでもある世界経済フォーラムは、COVIDアクション・プラットホームを立ち上げました。本プラットホームは、企業による、コロナウィルス感染拡大に対する世界的な衛生対策へのサポートを、生命と生活を守るために必要な規模とスピードで促進し、この世界的な緊急事態をできるだけ早く終息させる方法を見つけることを目的としています。


 How can we collaborate to stop the spread of COVID-19?

感染拡大対応の担当者がつながり、ベストプラクティスを共有


COVIDアクション・プラットホームは、優先事項として以下の3点に注力します。

1. グローバルビジネスコミュニティの連携のとれた協力体制を活性化
2. 人々の生活を守り、同時に事業継続の円滑化
3. コロナウィルス感染拡大対策のための協力とビジネスへのサポートの促進

COVIDアクション・プラットホームは、すべてのグローバル企業、業界、そして企業と力を合わせて対応していきたいと考えている、行政を含むその他のステークホルダーたちにアクセスが可能となります。このプラットホームは、CEO、組織のリーダーおよび企業のコロナウィルス感染拡大対応の担当者がサポートを提供し、具体的なプロジェクトを形成。アクションを起こし、ベストプラクティスを共有するためのネットワークです。

文=Peter Vanham, Head of Communications, Chairman’s Office, World Economic Forum

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい