Close RECOMMEND

I cover young people doing big things

スカイ・ブラウン(Karwai Tang/WireImage)

フォーブスは、欧州各地の若き起業家や新星を集めた「30アンダー30」欧州版リストを発表した。今年で5回目となる同リストでは、10の分野で活躍する30歳未満を各30人選出。欧州を含む世界62カ国の出身者が集まった。

今年の最年少は、11歳のスケートボード選手、スカイ・ブラウン。3歳でスケボーとサーフィンを始め、今年は英国代表として東京五輪に出場し金メダルを獲得することを目指している。男子選手で占められるスケボー界では珍しい女子選手であるのみならず、ここ80年で最年少のオリンピアンとなる予定だ。

リストに入った中で恐らく最も有名なティーンエージャーは、気候活動家のグレタ・トゥンベリだろう。17歳にして国連(UN)の気候行動サミットで講演し、米誌タイムの「今年の人」や、フォーブスの「最も影響力のある女性100人」にも選ばれたほか、ドナルド・トランプ米大統領からネットいじめを受ける存在にもなった。

他に特筆すべき若手としては、スコットランドのシンガーソングライター、ルイス・キャパルディ(23)がいる。9歳で地元グラスゴーのパブで歌い始め、iPhone録音しSoundCloud(サウンドクラウド)にアップした曲がきっかけで発掘された。これまでにブリット・アワードやMTVアワードを受賞したほか、グラミー賞にもノミネートされている。

30アンダー30欧州版の全リストはフォーブスの英語版ウェブサイトで公開されている。

翻訳・編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい