世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

マルチレンズカメラを搭載した新しいiPad Pro

アップルが新しいiPad Pro、MacBook Airを発表した。iPad Proには初めて被写体までの距離を正確に測れるLiDARスキャナを組み込んだマルチレンズカメラを搭載している。MacBook Airはシザーメカニズムのキーボードを載せてキーストロークを向上。値下げにも踏み切った。

iPad Proの発売日は3月25日。MacBook Airは3月18日からオンラインストアで注文を受付けている。

新チップ「A12Z Bionic」を採用。マルチレンズカメラにはLiDARスキャナを搭載



12.9インチと11インチの2サイズ展開。第2世代のApple Pencilに対応する。

iPad Proは本体サイズとカラーバリエーションに変更はなく、12.9インチと11インチのスペースグレイ/シルバーの2色展開。ストレージの容量は1TB/512GB/256GB/128GBから選択できる。またセルラー通信とWi-Fi機能を搭載するモデル、Wi-Fi専用モデルの選択肢がある。

最も安価なWi-Fi専用、内蔵ストレージ128GBのモデルは11インチが8万4800円(税別)、12.9インチが10万4800円(税別)だ。

本体の厚みサイズは5.9mmと変更はないが、質量がセルラー+Wi-Fiモデル、Wi-Fi専用モデルともにわずかに増えた。セルラー通信に対応するモデルはnanoSIMとeSIMを装備。Wi-Fiは最新高速規格のWi-Fi 6/11axをサポートする。

ディスプレイは2018年に発売されたiPad Proと同じフルスクリーンデザインを踏襲した、液晶タイプのLiquid Retinaディスプレイ。解像度にも変更はない。120Hzの高速描画を実現するProMotionにDCI P3の広色域対応も引き継ぐ。

チップは最新世代の64bitアーキテクチャを搭載する「A12Z Bionic」。8コアのグラフィックプロセッサによる描画性能も高まることにより、ゲームやARアプリの体感向上が期待できそうだ。

アップル独自のスタイラスペンは最新第2世代のApple Pencilによる描画に対応する。A12Z BionicとAI処理を受け持つNeural Engineの性能を高めて、内部の熱設計も強化したことで3Dオブジェクトの描画や4K動画編集などクリエイティブワークもiPad Proがスムーズにこなせるという。


広角・超広角カメラとLiDARスキャナーをユニット化した。

カメラは大きく変わった。12メガピクセルの広角カメラと10メガピクセルのマルチレンズ仕様としたほか、被写体までの測距を正確に素速く行えるLiDAR(Light Detection and Ranging)スキャナをiPad Proに初めて搭載。写真や動画の撮影品質が高められるだけでなく、ARアプリの体感を向上させる。


LiDARスキャナにより正確で速いARコンテンツの描画処理が可能になる。

動画は超広角レンズ側も4K/60fps撮影に対応した。ディスプレイ側には7メガピクセルのTrueDepthカメラを搭載。Face IDによる画面ロック解除や購入時認証、アプリのサインインなどが行える。

文=山本敦

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい