I write about security and surveillance.

BigTunaOnline / Shutterstock.com

世界で20億人が利用するフェイスブック傘下のメッセージアプリ「ワッツアップ」が、大幅なセキュリティ強化に乗り出す。これは、情報の秘匿性の高さで急激にシェアを拡大している競合アプリ「シグナル(Singal)」に対する対抗策だと見られている。

昨年は、ワッツアップがグループチャットのメッセージの、自動消去機能をテスト中であるとのニュースが流れた。フェイスブック・メッセンジャーには、メッセージが暗号化されるほか、自動削除を設定できるSecret Conversations(秘密の会話)機能が既に搭載されている。

ニュースサイトWABetaInfoによると、ワッツアップも同様の新機能を近くリリースする予定だという。

「アプリの2つのベータバージョンに、メッセージの自動削除を設定できる機能が搭載されている。ユーザーは、メッセージの送受信から削除するまでの期間を、選択することが可能だ」と別の情報サイトGSMArenaは報じている。

この機能では、タイマーを設定すると、時計のアイコンが表示されて残り時間がわかるという。自動削除機能のリリース時期は現時点では不明だ。

ワッツアップは、秘匿性の高さで人気が高まったシグナルを競合と見据えている。皮肉なことに、シグナルの成長を資金面でサポートしているのは、ワッツアップの共同創業者で、フェイスブックを離脱したBrian Actonだ。

これまで、ワッツアップは安全性の高さで差別化を図り、企業や政府高官なども好んで利用していた。しかし、最近ではシグナルがワッツアップの地位を脅かし、EU政府も職員にシグナルに切り替えるよう指示している。ただし、機密情報を扱う外交官らは、シグナルでも安心できないかもしれない。

米政府は暗号化の禁止を検討


シグナルは使いやすさよりもセキュリティを優先させており、安全性はワッツアップよりも格段に高い。例えば、アンドロイド版では、端末を買い替える際に過去のチャット履歴を移すことは容易でなく、iOS版ではほぼ不可能だ。

ワッツアップは、オープンソースのシグナルのプロトコルにカスタマイズを加え、暗号化を行っているが、シグナルのオリジナルの暗号化プロトコルのほうが、セキュリティ強度は高いとされている。さらに、シグナルは全てのチャットに消去機能を提供している。

ワッツアップは、これまで安全性の高さを売りにしてきたが、ここ1年で幾度となくサイバー攻撃の標的になり、対策に苦慮してきた。

ハッカーが脆弱性を探す際はより多くの端末にアクセスするために、ワッツアップやフェイスブックのようにメジャーなアプリを選ぶことが多い。

米政府はエンドツーエンド暗号化を禁止し、私的なチャットにアクセスできるようにすることを検討している。これが実現すれば、ワッツアップやシグナルのメッセージ消去機能も大して役に立たなくなる。その意味では、ワッツアップの本当の敵は競合アプリではなく、米政府なのかもしれない。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ