Close RECOMMEND

3万5000社が利用する"行動者発の情報"を配信するプラットフォーム

コエステーション

エイベックスが、新会社「コエステ」にて、東芝デジタルソリューションズより出資を受け、AI・音声合成技術を活用し、一般ユーザーやタレント・著名人の「コエ(声)」を収集・蓄積して、様々なサービスに活用するコエステーション事業を開始した。

近年、日本においてもオーディオブックやポッドキャストなどの音声コンテンツサービスの台頭や、様々なデバイスに音声で機器を操作する音声インターフェースが搭載されるなど、音声合成技術を取り巻く市場は急速に拡大しており、エンタテインメント分野においても、デバイスとの音声コミュニケーションを好きなアーティストやタレント、キャラクターの声で楽しみたいといったニーズが高まりつつある。

そのような中、新会社ではTDSLとの連携により独自性のあるAI・音声合成技術を活用し、タレント・著名人などの実在する人物の声をもとに、声の分身である「コエ(声)」のデータを生成。生成した「コエ(声)」を「コエステーション」プラットフォームに集めて、エンタテインメント、観光、ロボット、ナビゲーション、音声広告など、様々な分野のサービスに提供する。

これにより、従来は収録した生の音声や固定の合成音声であった、カーナビの案内、オーディオブック、ニュースアプリなどを、好きなタレント・著名人の「コエ(声)」で楽しめたり、店内放送や駅のアナウンスを、期間限定でタレント・著名人の「コエ(声)」で聴けるなど、新しい体験が創出される。

なお、コエステーションには新たに登録されたDJ KOO、高柳明音(SKE48)、May J.を含め、既に30以上のタレント・著名人の公式の「コエ(声)」が登録されており(2020年3月時点)、今後もエイベックス所属のアーティストのみならず、様々なタレント・著名人の「コエ(声)」を追加し、幅広い「コエ(声)」のニーズに応えていく。

null
「コエステーション」で利用できる有名人の「コエ」

また、このサービスには一般ユーザーの「コエ(声)」も登録可能で、2020年3月時点で5万人以上の「コエ(声)」が登録されている。離れた家族に送るSNSのメッセージを本人の「コエ(声)」で読み上げたり、怪我や病気で声を失った人がコミュニケーションツールとして利用するなど、様々な活用方法が考えられる。

エイベックスは、エンタテインメント領域におけるノウハウを活かし、新会社を通してこのような「コエ(声)」を活用した様々な価値創出を実現すると共に、音声コンテンツの新しい市場の創造と拡大に貢献していく。

コエステについて
社名:コエステ株式会社
事業内容:音声合成コンテンツの企画・制作・開発・流通事業
所在地:東京都都港区南⻘山三丁目1番30号 エイベックスビル
代表者:代表取締役社長 加藤信介
設立日:2020年2月5日

法人向けコエカタログの「コエ(声)」登録者一覧 *一部抜粋
・DJ KOO(TRFのリーダー/日本屈指の盛上げ番長)
・高柳明音(SKE48)
・May J.(アーティスト)
・クロちゃん(安田大サーカス)
・椎名乙葉(サイバードの女子高生委員長キャラクター)
・サッシャ(ラジオDJ)
・西川文野(文化放送アナウンサー)
・川島海荷(女優)

「コエステーション」サービス概要
一般ユーザーと法人向けに「コエ(声)」を利用したサービスを展開している。

1. 一般ユーザー向けサービス
合成音声を手軽に楽しめるスマホアプリ「コエステーション」を提供している。
ご利用料金:無料(2020年3月時点)

2. 法人向けサービス
人手で音声合成コンテンツを制作/編集できる「エディター」やリアルタイムに音声合成処理をする「Web API」などの法人向け音声合成ツールを商用で利用できる。利用には、「コエ(声)」の購入が必要。詳細はこちら

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい