フォーブスジャパン編集部


舩後が国会議員になってから、国会などのバリアフリー化も進み始めている。例えば、舩後の場合はペーパーを自身の手に持って読むことはできない。だが、資料をモニターで映し出せば、他の議員と同様にその場で資料を読むことができる。そのためにはパソコン導入の検討が必要だ。だが前例はないため、このような課題に直面するたびに検討が必要になる。

また、人工呼吸器を装着していて声が出せないため、舩後はパソコンによる機械音声や秘書による代読、文字盤を使うなどの方法を用いている。このうち、文字盤の場合は、言葉のように早く会話ができないため時間がかかる。だが、議員には質疑の持ち時間が決まっており、その時間内で行わなければならない。

文字盤を使用している時間について、「現在は委員の皆さまのご理解もあり、速記を止めて私の持ち時間が減らない配慮をいただいております。ただ、今後同じように声を出せない障害のある人が議員になった場合、持ち時間の制限などについても引き続き、検討をお願いしたい」と話す。

舩後議員
モニターに映し出された資料を見る舩後議員。2019年12月5日委員会質疑で

舩後は「障害」や「障害者」とは、「障害を持つ人で、何らかの社会的障害を被る者」と捉えている。

上記のような決まりや慣習を通じて、「国会という場、ひいては日本の社会がまだまだバリアフリーになっていないことを感じます。一方で、問題意識を持っている先生方も多くおられることも事実です。バリアが少しずつほどけていることを感じる嬉しさもあります」と語る。2019年度補正予算では、参議院内のバリアフリー化に関する予算が計上され、整備が進むことになった

障害者と健常者。「非仲間」と「仲間」──。

こうした人々の「分断」を解決するためにも、舩後は「誰も排除しないインクルーシブ社会を創生するしかない」と語る。

人はいつ障害を抱えるか分からない。今後も、舩後は政治家として「障害者も健常者も分け隔てなく『円』の内側にいる、インクルーシブ(包み込む/包含する)な社会をつくること」を志し、支援者たちとともに、国に働き掛け、世の中をよりよくするために社会の人々に問いかけていくという。やまゆり園事件のように、第2、第3の植松被告を出さないためにも。

文=督あかり 写真=本人提供

VOL.9

死刑判決のやまゆり園事件。ALS患者の舩後議員...

VOL.1

あいちトリエンナーレの分断に思う。「豊かな...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい