世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


5. 思考センスを育成する知育アプリ「シンクシンク」


「シンクシンク」は、EdTech(教育テック)のスタートアップ「ワンダーラボ」が開発した“思考センス”を育てる知育アプリ。思考センスを「空間認識」「平面認識」「試行錯誤」「論理」「数的処理」の5分野に分類し、それぞれのカテゴリにフォーカスしたカリキュラムを提供している。

通常、無料のフリーコース、月額300円のスタンダードコース、月額980円のプレミアムコースが提供されているが、3月31日までは全てのコンテンツを無料で提供。「シンクシンク」のアプリをダウンロードすれば、1ユーザーにつき1日3プレイまで無料で利用できる。


Photo by Shutterstock.com

6. 「#学びを止めない未来の教室」でEdTechをチェック


「全国の学校の臨時休業が進むでしょうが、そんなときこそEdTechがその力を発揮します。『学校が閉まってるからって、学びを止めないで済む』そんな社会の実現に向けた挑戦だと、前向きに考えたらよいのではないでしょうか」

経済産業省が運営するWebサイト「未来の教室」は、時代の変化に合わせた新しい教育の構築を目指すプロジェクト。上記は、サイト上に掲載されたメッセージだ。日本の様々なEdTech事業者が無料で提供している取り組みをまとめて公開しており、このほかにも気になった方は一覧を参考に、さまざまなコンテンツを探してみると良いだろう。

文=松尾友喜

新型コロナウイルス特集
VOL.77

イタリア高級ブランドを襲うコロナ不況、製造...

VOL.79

米国で相次ぐ時給労働者の「有給休暇」適用、...

PICK UP

あなたにおすすめ