3万5000社が利用する"行動者発の情報"を配信するプラットフォーム

Silver Wings SS / Shutterstock.com

映像コンテンツのマーケティング事業を総合的に手掛けるフィールドワークスと映像メディア総合研究所は、全国5000人規模のネットアンケート調査を実施した。テレビ放送、映画館、DVD・ブルーレイ、有料・無料の動画配信など、すべての映像視聴メディア・サービスのユーザー利用実態を調査・分析し、3月10日にレポートを発行した。

“サブスク”が“レンタル”を利用率で逆転


2019年に過去最高の興行収入2611億円(前年比117.4%)をあげた「映画館」は、前年から3ポイント増加して利用率が46.5%となった。映像ホームエンタテインメントでは、「有料テレビ放送」は前年並みながら、定額制見放題の「SVOD」が前年から4ポイントほど増加したことで、これを合わせた“サブスク”サービスの利用率は前年から3.7ポイント増加して29.3%となった。

これは「DVD・ブルーレイ レンタル」と「TVOD」を合わせた“レンタル”サービスの27.6%を上回り、長らく映像ホームエンタテインメントの中心であった“レンタル”と“サブスク”の利用率が初めて逆転した。“レンタル”は映画を例に取れば、劇場公開終了後、「新作」として二次利用の稼ぎ頭となる都度課金サービス、“サブスク”は旧作を見放題で楽しむ定額サービスであり、この逆転はこれまでの映像ビジネスモデルの崩壊、新たなビジネス形態の隆盛を如実に捉えた結果と言えよう(グラフ1)。

null

null
グラフ1:映像メディア・サービスの利用率

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい