I cover the gadgets in your living room, and your pocket.

OPPO Watch Series (C)OPPO

中国のOPPOは3月6日、同社初のスマートウォッチ「OPPO Watch」をアナウンスした。3月24日に中国で発売し、その後グローバルに展開する計画という。

OPPO Watchは、アップルのアップルウォッチの模倣製品と思われがちだが、スペックを確認するといくつかの点でアップルウォッチを上回っていることが分かる。スマホ市場においてOPPOは、スタイリッシュなデザインと革新性あふれるイノベーションで知られている。

OPPO Watchの外観はアップルウォッチに類似しているが、デジタルクラウンは搭載していない。その代わり、側面に2つのサイドボタンを搭載し、そのうち1つはグリーンのバックライトを装備している。

このデバイスはColor OSと呼ばれるOSで駆動するとされるが、現時点でその動作を確認することは出来ない。しかし、OPPOによるとその仕上がりはアップルウォッチに優るという。ここでは、Oppo Watchがアップルウォッチより優れていると思われるポイント、5つを説明してみよう。

1. 大画面の曲面OLEDディスプレイ


OPPOのスマートウォッチは、アップルウォッチと同様のOLED(有機EL)ディスプレイだ。しかし、アップルウォッチの画面サイズが40ミリと44ミリであるのに対し、OPPO製品の画面サイズは46ミリだ。

解像度もアップルウォッチの44ミリ版が、368x448ピクセルであるのに対し、OPPO製品は402x473ピクセルと、より高い解像度を実現している。Oppo Watchのディスプレイは1.91インチで、アップルウォッチの1.78インチより大型だ。さらに、Oppo Watchにはより小型の41ミリ版も用意されている。

また、OPPOのスマートウォッチは46ミリの機種と41ミリの機種が、それぞれ5気圧防水と3気圧防水に対応し、ディスプレイのエッジ部分の曲面も見事な仕上がりとなっている。

2. 美しい「エッジ・トゥ・エッジ」ディスプレイ


キーノートで公開されたイメージを確認するとOppo Watchのディスプレイは、美しいエッジ・トゥ・エッジ仕様で最新のアップルウォッチを上回る完成度にも感じられる。ただし、筆者個人としてはベゼルの周囲のデザインは今ひとつと感じる。

3. 睡眠トラッキング機能


筆者はこれまで、アップルウォッチに完成度の高い睡眠トラッキング機能が内蔵されていない点に不満を感じてきた。今年の最新モデルはこの点でも進化を遂げるに違いない。しかし、Oppo Watchは最初から質の高い睡眠トラッキング機能を内蔵するようで、スヌーズ機能も備えている。これにより睡眠の深さや、睡眠時間の計測が可能になるという。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい