Close RECOMMEND

世界が直面する課題の解決方法

Kevin Frayer / Getty Images

新型コロナウイルスを巡って世界で広がるパニック症状。企業はどのように立ち向かったら良いのでしょうか。まず、3つのポイントを紹介します。

・新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の大流行は、国境を越えた信頼の亀裂、国際的な相互依存の落とし穴、そしてグローバルガバナンスの課題を浮き彫りにしている

・伝染病はそれだけでもビジネスリスクであると同時に、現在ある傾向や脆弱性を増幅させる

・企業は、新たに浮上するグローバルリスクに対抗すべく、戦略的・事業的・財務的なレジリエンスに投資していくことによって、対応策や復興において有利な立場に立つことができる

多くの国において、パンデミックはリスクマネジメント体制の最優先事項となっています。例えば、英国ナショナルリスクレジスターの自然災害マトリックスでは、インフルエンザのパンデミックが最上位に来ており、新興感染症は高度の懸念と分類されています。潜在的に危険な感染症のアウトブレイクが発生し、それが医学的な問題と見なされると、当局は分別のある質問を投げかけ、必要に応じて実行可能な対応策を段階的に引っ張り出してくるわけです。

しかしながら、中央政府と超国家機関は、不完全かつ常に変化している情報を元に保健対策の安定性や経済的・社会的な緊急課題の釣り合いをとっていくため、現実は想像以上に混乱していることが多いのです。これは、地域社会や企業に長期的な影響をもたらす可能性がある、ガバナンスの課題です。これに加えて、人間の行動も考慮に入れていく必要があります。

管理上の難問と信頼低下


新型コロナウイルス2019(COVID-19)も例外ではありません。人口が密集した中国中部の製造・輸送ハブで発生した新型コロナウイルスは、春節や海外旅行が影響し、29の国と地域(2020年2月20日時点)に広がり、世界的なパンデミックになる可能性があります。

2013〜2016年に、西アフリカで発生したエボラ出血熱流行の場合は、新型コロナウイルスよりも致死率が高いものの感染力は低く、より散発的であると考えられ、資金力のある国々が、アフリカに資金を投入したこともあって最終的には封じ込めに成功しました。

一方、新型コロナウィルスの流行は、規模が大きくて相互依存的な経済圏に、管理上の難問をもたらしています。また、社会不安の高まりや大国間の経済的対立といった圧力が中央政府にかかる中、国家内そして国家間の信頼が損なわれつつある時期に発生したのです。

パンデミックなどの国境を越えた危機を効果的に管理していくためには、地域レベル、国家レベル、そして国際レベルで準備を整え、対応と回復のための対策をとっていく必要があります。感染症準備評価では、特に新しい病原体が出現する可能性がある地域の多くの国においてアウトブレイクを検出、報告、対応する体制が不十分であることを示しています。

文=Richard Smith-Bingham, Kavitha Hariharan

VOL.61

「ウイルス」騒動の先に見える情報の未来

VOL.63

コロナ発、マーケットクラッシュはいつ止まる...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ