世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

デル ビジネス営業統括本部 部長 島村元暢

スモールビジネスの現場では、スピーディに課題を解決し、事業を回すことが求められる。しかし、少数精鋭の会社経営ではそうした「本業」に専念できない現実もある。

少人数の会社では、事業本体にリソースを割かなければいけない分、IT環境の整備はどうしても後手後手に回りがちだ。しかし、IT環境の整備が遅れることで、ビジネスの波に乗り遅れたり、時には会社の存続に繋がるような致命的なトラブルに見舞われたりすることもある。

IT環境の整備をサポートし、一緒にお客様のビジネスを成長させる──そんな思いでスモールビジネスに挑む中小企業の助けになろうと誕生したのが、デルのスモールビジネス アドバイザーだ。

「人材×プロセス×テクノロジー」でイノベーションを起こすスモールビジネスの世界に寄り添うスモールビジネス アドバイザー。その現場の思いをデルのビジネス営業統括本部 部長 島村元暢が語った。

次ページ>スモールビジネスアドバイザーの歩み
アンケートに答えて
続きを読む

※本記事の続きを読むには、アンケートへの回答が必要になります

Promoted by デル / text by Forbes JAPAN BrandVoice Studio / photographs by Jun Arakawa

あなたにおすすめ