Close RECOMMEND

Travel

WhiteKnightTwo and SpaceShipTwo(Virgin Galactic)

宇宙旅行企業ヴァージン・ギャラクティックが「One Small Step(小さな一歩)」と題して開始した宇宙旅行の予約受付が、大きな人気を集めている。

希望者は、返金可能な1000ドル(約11万円)の登録料を支払い、予約者名簿に名前を載せることができる。過去6カ月で8000件を超える登録があり、初のフライトでは既に600席が売れている。

登録者は「One Giant Leap(偉大なる飛躍)」と題された次の段階でチケットを購入することになる。既にチケットを購入した人にはジャスティン・ビーバーやレオナルド・ディカプリオが含まれ、最初のフライトには同社を創業した英富豪リチャード・ブランソンも搭乗すると宣言している。

ヴァージン・ギャラクティックの宇宙旅行では、90分間の準軌道飛行が行われる。同社は昨年、ニューメキシコ州の宇宙港「スペースポート・アメリカ」に新たに建設した搭乗者向け出発ラウンジの写真を公開した。

宇宙観光は現実味を増しており、ヴァージン・ギャラクティック以外にも宇宙旅行を提供する企業はある。アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾスの宇宙企業ブルー・オリジンは今年、宇宙船「ニュー・シェパード」の有人試験飛行を開始する。

イーロン・マスクの宇宙企業スペースXは、2023年までに日本人富豪の前澤友作を月の周遊旅行に送り出す予定で、2025年までには最初の宇宙ホテルがオープンする可能性がある。

ヴァージン・ギャラクティックは宇宙輸送企業の中で唯一の上場企業で、宇宙旅行第1弾のチケットは25万ドル(約2700万円)で販売されている。

リチャード・ブランソンやジェフ・ベゾス、イーロン・マスクが初の商業宇宙飛行の実現をめぐり競い合う一方で、宇宙旅行事業は各社の大きな財務的負担となっている。ヴァージン・ギャラクティックは先日、2019年の損失が2億2100万ドル(約230億円)、売上高はわずか380万ドル(約4億1000万円)だったと発表した。

それにもかかわらず、同社の宇宙旅行への需要は過去1年間でほぼ倍増した。

スペースXは先月、宇宙船「クルー・ドラゴン」を使った宇宙旅行を発表しており、宇宙旅行競争が今後激化することは間違いないだろう。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい