I cover side hustles, millennial career trends and entrepreneurship.


2. 新たにつながりを求める


「知り合いかも」で表示されている人をさっと確認するか、会社や学校の名前で検索しよう。こうした検索により、以前一緒に働いた可能性があり、共通点が多い人が浮かび上がってくるだろう。こうした検索は、関係する人全員にとって有益なものになり得る。

友達申請を送るときはその人に合わせた文を書き、共通の経験について詳しく述べるか、共通の知り合いや物事について話すようにしよう。こうすることで自然な会話を始めることができ、相手はあなたから連絡が来た理由を理解できる。

つながりを求めるためにネット検索だけに頼る必要はない。卒業生のイベントや就職説明会、その他地元のビジネス系の集まりなどに参加する時間を作り、実際に人と会って関わりを持てるようにしよう。

3. 関心がある企業の人材ネットワークに加わる


人材ネットワークは、求職者が自身に関する情報を企業のデータベースにアップロードし、現在応募できる仕事の機会について通知を受けられるようにする自動プラットフォームだ。これは、企業にあなたが関心を持っていることや経歴を伝えるための効果的な方法だ。このネットワークを活用すれば、その企業が次に欠員補充を始めたときには既にあなたのことを熟知している状態になるだろう。

4. 実際につながりを育てる時間を作る


仕事を見つけることだけがネットワーキングの目標となるべきではない。このことを覚えておくことが重要だ。電話したり、腰を落ち着けて実際に会話したりすることで、電子メールやメッセージを交換するよりも自然に会話できる。

相手が現在何に取り組んでいるかについて尋ね、自分の仕事、あるいは関心がそれと重複する部分を特定し、そこから会話を始める。

ネットワーキングは継続的なものであることを覚えておこう。常に関係性の構築と成長に取り組むべきだ。キャリアで変化を起こそうとしているときだけネットワーキングを優先事項としないこと。

将来、こうしたつながりからどのようなものが得られるかは決して分からない。あなたの方でも、自分が相手に望むような支援を提供する心構えをし、元同僚やクラスメート、友人それぞれのキャリアを支援しよう。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ