Close RECOMMEND

.


「痛み」への対処法


それでは私たちは、大好きな人たちに冷たくされた、社会的に拒絶されたと感じたとき、どうすべきなのだろうか──? まずは、自分がそのことを個人攻撃のように受け止めすぎていないか考えてみよう。私たちは、他の誰より自分自身のことを考えている。そのために引き起こされた感情かもしれないということだ。

実際のところ、人が考えることの約80%は、自分自身のことだという。私たちは、注意を散漫にするさまざまなものに取り囲まれながら、急速に変化する世界に生きている。ないがしろにされたと感じたとしても、それは「あなただから」そうされたわけではないかもしれない。

次に理解しておくべきことは、私たちは誰でも基本的に、自分にとって最も重要な「やることリスト」に入ることと、それに関連したことを優先するための「トリアージ方式」を採用しているということ。誰かから返信やコメントがなくても、ただ暇がなくてあなたの投稿を見ていないだけかもしれない。

そして、もう一つ覚えておくべきことがある。それは、私たちは肉体的な痛みよりも拒絶された感情的をより強く記憶しているということだ。そのため、より長期にわたってそのような感情に敏感であり続ける。

何より重要なことは、自分自身の否定的な感情も尊重し、処理できるようにすることだ。ネガティブな感情も、次第に薄れていくものだ。私たちの体は身体的な痛みに対してそうであるのと同じように、拒絶された感情にも対応することができる。

編集=木内涼子

PICK UP

あなたにおすすめ