Close RECOMMEND

BigTunaOnline / Shutterstock.com

グーグルは2月26日、グーグル翻訳に新規で5言語を追加するとアナウンスした。新たに加わるのはルワンダのキニヤルワンダ語や、インドの公用語の1つのオリヤー語、タタール語、トルクメン語、ウイグル語の5つだ。

グーグルは4年ぶりにグーグル翻訳に新たな言語を追加し、翻訳可能な言語数は合計108言語を超えることになった。

新規の5言語はトータルで7500万人以上の人々に話されているという。グーグル翻訳は各言語のテキスト翻訳及び、ウェブサイト翻訳に対応している。新言語のうち、キニヤルワンダ語とタタール語、ウイグル語については仮想キーボードからの入力も可能になる。

仮想キーボードは、スクリーンキーボードとも呼ばれ、画面上に各言語のキーボードを表示して入力を可能にする。このツールを使えば、海外旅行中などに、自国語に対応していないキーボードでも自国語の入力が可能になる。

キニヤルワンダ語はルワンダの公用語で、その話者は1200万人を超えている。オリヤー語はインドのオーディシャー州で話されている。タタール語は主にロシアやウクライナ、ウズベキスタンで用いられ、その話者は約520万人だ。

トルクメン語はイランとアフガニスタンに国境を接する、トルクメニスタンの公用語だ。ウイグル語は約1040万人に話されている。

グーグル翻訳は100以上の言語に対応しているが、世界では6500種類の言語が話されており、それに比べれば対象言語はわずかな数でしかない。しかし、6500言語のうちの2000言語は、1000人以下の人々にしか使用されていない。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい