Close RECOMMEND

.

robtek / Shutterstock.com

日本を代表する全国紙の朝日新聞の投書欄に掲載された、任天堂の心温まる顧客対応に感謝する投稿が、世界的話題となった。

投稿者の95歳の母は還暦を過ぎた頃からゲームボーイを愛用していたが、体調を崩し、寝込んだのと同時にゲームボーイも故障してしまったという。その後、任天堂に手紙を書いたところ、倉庫に1台だけ残っていた新品が送られてきた。

このニュースはツイッターのトレンドに浮上し、20万件近くのいいねを獲得。リツイートは6万7000件に達した。

訪日外国人向けメディアのSora News 24や、ゲーム系メディアのKotakuによると、任天堂からの贈り物を受け取った女性は、ゲームボーイでテトリスをプレイするのが大好きだったという。

彼女が使っていたのは2003年に生産を終えた3世代目のゲームボーイで、修理も代替機の入手も困難だった。しかし、彼女の孫から任天堂の「神対応」についての話を聞いた投稿者が手紙を書き、壊れたマシンと共に送ってみたところ、1週間足らずで新品が送られてきた。手紙の末尾には、「おばあちゃん長生きしてください」と書かれていた。

投稿者によると、彼女の母は99歳でこの世を去る直前まで任天堂の対応に感謝していたという。

初代ゲームボーイは1億1900万台を販売し、ゲーム用のハードウェアとしては史上最も売れたデバイスとなっている。

旧式のゲーム機は入手が困難であり、特に未発売のデバイスは高値で取引されている。

1990年代に任天堂とソニーの提携により共同開発された「任天堂プレイステーション」は、未発売に終わり幻のゲーム機とされてきたが、先日、オークションサイトに出品された。現在の価格は36万ドルに達しており、入札にはOculus VR共同創業者のパルマー・ラッキーも参加している。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい