Close RECOMMEND

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

Photo by Han Myung-Gu/WireImage

韓国の男性ポップグループBTSとサムスンが提携し、スマホ上でAR(拡張現実)機能を用いた、ファンとの交流を実現させることが明らかになった。

BTSはニューアルバム「MAP OF THE SOUL:7」を2月21日にリリースするが、その直前の19日、サムスンはBTSとのパートナーシップを発表した。サムスンは1月から「Connect, BTS」と題したアートイベントを、ロンドンやベルリン、ブエノスアイレス、ソウル、ニューヨークの5都市で開催している。

サムスンはGalaxy端末向けに、イベント専用のアプリをリリースし、会場に足を運べないファンたちに、AR機能を用いてイベントを体験させる。アプリ内で、メンバーとの記念撮影もできるという。

サムスンはコラボの期間や、今後の内容について詳細を開示していないが、BTSとのパートナーシップが単なるイメージキャラクターとしての起用ではない点を強調した。サムスンは今後、BTSの活動を多様なテクノロジーで支援し、BTSはサムスンの新型スマホのマーケティングに参加するものとみられている。

サムスンは先日、最新型の折りたたみ型スマートフォンGalaxy Z Flipを発表したばかりだが、このデバイスのプロモーションにBTSが加わる可能性もある。Connect, BTSのアプリでどのようなARエクスペリエンスが可能になるのかに、注目したい。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ