Close RECOMMEND

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

Issarawat Tattong / shutterstock.com

転職活動は、それ自体がひとつの仕事のようなものだ。しっかりと管理できれば、プレッシャーやストレスから少し解放される。さらに最も重要な利点として、見落としを防げることがある。管理を怠ると、チャンスを逃したり、ストレスが溜まったりしてしまう。では、どうすれば転職活動を効率よく管理できるだろう?

スプレッドシートを利用する


シンプルなスプレッドシートは、転職活動の管理に最適なツールだ。スプレッドシートを使い、応募している仕事、面接の進行状況、フォローアップしたかどうかといった状況を全て記録・確認できる。必要な全ての情報をひとつの場所にまとめておき、いつでも素早くアクセスできる上に、重要事項を見逃すこともなくなる。

スケジュール帳を最新に保つ


デジタルでも紙でも構わないが、スケジュール帳の内容は常に最新にしておくこと。複数の面接や締め切りを抱えている場合、それぞれの日時をはっきりと書きとめ、忘れないようにしておかねばならない。頭で覚えているから大丈夫だと過信してはいけない。どんなに記憶力が良くても、忘れてしまう可能性はある。転職活動にかかわる予定の日時が決まったら、すぐにスケジュール帳に書き込むこと。

さらにしっかりと管理するために、スケジュールを色分けすると良い。自分なりのわかりやすい方法を考え、締め切り、個人面接、電話面接、フォローアップ日など、一目で状況を把握できるようにしておこう。

すべての書類にラベルを付ける


転職活動にかかわる書類には、すべてに分かりやすいラベルを付けること。整理されていない複数のファイルの中から必要なカバーレターやその会社用の履歴書を探す羽目にならないようにしよう。各ファイルにはシンプルかつわかりやすい名前を付け、必要なくなった古いバージョンは削除する。

例えば、「氏名+ファイルの種類(クリエイティブ職用履歴書、技術職用カバーレターなど)+年」といった命名法が良い。また、フォルダーを履歴書用、カバーレター用、フォローアップ用、応募した仕事の職務内容用などに分け、簡単にアクセスできるようにしておくこと。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい