Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

NYで開催されたUSJの「SUPER NINTENDO WORLD CHALLENGE」の様子

ニューヨークの名所、グランドセントラルステーションで2月19日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)が開業以来初のグローバル・イベントを開催した。この夏、満を持してオープンする「スーパー・ニンテンドー・ワールド」のプロモーションだ。

「SUPER NINTENDO WORLD CHALLENGE」と題したこのイベントでは、歴史ある駅構内にマリオのゲームでお馴染みの“ハテナボックス”を設置。事前に応募し、抽選で選ばれた約1000人のニューヨーカーが、帽子やグローブをしてマリオに扮し、ジャンプ&パンチする体験を楽しんだ。



世界で初となるこの“リアルなマリオ体験”では、参加者の中からランダムに、オープン前のスーパー・ニンテンドー・ワールドへの入場券を含む日本への旅行(航空券&宿泊)が当たるというプライズが用意されたほか、参加者にはもれなく、エリア内で発売される予定のグッズなどのギフトが贈られた。

突如現れた大量のハテナボックスに「チャリーン」というコインの効果音、参加者の「WE ARE MARIO!」の掛け声に、多くの人が足を止め、写真を撮るなど、会場一帯は終始熱気に包まれた。

日本に始まり、世界展開へ


なぜ大阪のテーマパークなのに、ニューヨークでプロモーションするのか。USJの親会社であるユニバーサル・パークス&リゾーツのペイジ・トンプソンCOOは、「世界に多くのファンを持つ任天堂は、我々にとって素晴らしいパートナー。スーパー・ニンテンドー・ワールドは今後、ハリウッド、オーランド、シンガポールに展開していく」とし、世界を見据えてイベント開催の地をNYに決めたと語った。



東京五輪を前にオープンを目指すスーパー・ニンテンドー・ワールドは、約600億円を投資し、開業後10年間で、全国に11兆円超の経済効果を見込むビッグ事業。それは、2014年に開業し好評を得ている人気エリア、ハリーポッターを超えるスケールだ。

マリオゲームを象徴するピーチ城やキノコ王国、ショップやレストランが並ぶ新エリアでは、リアルかつ革新的なマリオーカートやヨッシーのライドを楽しめるほか、「エリア内でコインやキーを集めて友人を競うなど、全身を使ったインタラクティブな体験ができる」とトンプソン氏。

大阪をエンタメの中心地に


USJが力を入れる今回のNYプロモーションは、グランドセントラルに加え、ほか2つの名所でも開催された。18日には、タイムズスクエアに突如“ハテナボックス”が出現。



19日朝には、米国を代表する情報番組「The TODAY SHOW」の名物、ロックフェラーセンター前での生中継で、選ばれた視聴者たちがハテナボックスを体験。参加ファミリーがUSJへの旅行を勝ち取り、喜びのあまり涙する子供の姿などが朝の全米に届けられた。



スーパー・ニンテンドー・ワールドのプロジェクトリーダーであるUSJの山本歩マーケティング部長は、「1月に公開した開業記念のトレーラーは、海外から日本の3倍以上のアクセスがあった」と世界からの期待の高さを明かし、「日本が誇るマリオを、エンタメの中心であるNYから発信したかった。任天堂、マリオの力を得た大阪もその位置になりうる」と熱い想いを語った。

編集=鈴木奈央

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい