Close RECOMMEND

As Mobile Economist at TUNE, I forecast and analyze trends affecting the mobile ecosystem.

CC7 / shutterstock.com

先日、カーシェアリングサービスで借りた車でドライブ中だった女性が、カリフォルニア州の山中で数時間の間、立ち往生してしまう事件が発生した。彼女はスマホのアプリでエンジンを起動しようとしたが、現地は都市部から遠く離れた山の中で、携帯の電波が届かないエリアだったのだ。

近年はIoTの時代と言われるが、スマートさが売りのサービスも、過疎地では役に立たないことが証明された。

Kari Paulと名乗る女性が利用したのは「Gig Car Share」と呼ばれるカーシェアリングだった。このサービスはユーザーがアプリ経由で最寄りの車両を探し出して、ロックを解除し、ドライブに出かけるものだ。しかし、彼女がカリフォルニア州の山岳地帯まで車をドライブし、山のふもとで停車した際にエンジンが止まってしまったという。

エンジンをかけようとしたが、現地は携帯の電波が届かないエリアで、アプリからの司令を受け付けなくなったという。Gig Car Shareの公式サイトには、乗車を行う際にはアプリを用いる方法に加え、Gig Cardと呼ばれる専用カードも利用可能との記載がある。

このカードは電波の届かないエリアでの使用を前提としたものだ。Gig Car Shareは公式サイトで「遠隔地に向かう際はGig Cardを持っていくのを忘れないように」と警告している。

Gig Card はRFIDテクノロジーを採用しており、電波がない状況でも作動するようになっている。しかし、Paulがこのカードを使おうとしても、エンジンを起動できなかった。

その後、レッカー車を呼んだ彼女は電波が届くエリアまで車を移動させ、なんとかエンジンを起動させることに成功した。そして、サポートセンターに苦情の電話を入れると「Gig Cardにソフトウェア上の問題があった」と告げられたという。さらに、街に戻る際は、道中でエンジンを切らないように求められた。

Gig Car Shareによると、同社のサービスではエンジンの起動回数に上限があり、彼女はその上限をオーバーしていたのだという。

Gig Car Shareのコメント欄を確認すると、「サービスを問題なく利用できた」との声も多く、彼女は運が悪かっただけなのかもしれない。しかし、同社がオペレーション上の問題を抱えていることは明らかだ。

カーシェアリングを提供する企業が、車の盗難を防ぐために様々な防止策を講じるのは自然なことだ。しかし、携帯の電波が数時間にわたり利用できない状況は、都市部においても想定できるし、長距離のドライブでは日常的に起こり得る事態だ。

筆者はこの件でGig Car Shareにコメントを求めており、回答が得られ次第この記事をアップデートする予定だ。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい