人生、気づいたもん勝ち!先の見えない未来の歩み方

値段がつけられた野菜たち

自分の市場価値、すなわち人材市場での自分の「値段」を意識したことがあるだろうか。

以前に比べればジョブチェンジが当たり前となってきた今では、自分の人材市場での価値を気にする人は多くなっていると思う。「何社から年収いくらでオファーがもらえるか」を、プロフィールと経歴を入力すればはじき出してくれる転職アプリもあるくらいだ。

一方で、「入社=ゴール意識」はまだまだ根強いと感じる。大企業に入社できたこと、籍を置いていることに満足している人々は、自分の市場価値は「社内価値」とイコールだと思っているのかもしれない。

「自分のマーケットプライスを意識してください」。僕が新卒で入った会社の入社式で、当時の人事部長がこんなことを言った。もう20数年前のことだが、今もずっと心に残っている言葉だ。

市場価値を意識するとはどういうことか。今日はそのことについて考えてみたい。

大企業の入社式で「自分の市場価値を意識しろ」


僕が新卒で入社したのはいわゆる大企業であったから、その入社式なら普通は「当社であなた方の力を存分に発揮して…」とか「当社の発展にぜひ貢献を」などという話が出るところだろう。しかし、当時の人事部長は「新入社員にこんなことを言ったら怒られちゃうかもしれないな」と笑いながら前置きをして、こう続けた。

「本日皆さんはめでたく当社に入社されましたが、もし仮に皆さんが急に人材市場に放り出されたとしたら、誰が(どの企業が)いくらで買ってくれるのか(就職できるのか)。それを意識して仕事をしてください」

当時はまったくピンとこなかった。他の新入社員も同様だっただろう。しかし、この言葉は確実に僕の内に静かに根付いていて、キャリアを考える上でのひとつの指針となっていった。

新入社員のときには理解できなかった人事部長の言葉を僕は20年以上考え続けて、今では以下のように理解している。

• 入社したからといって自己研鑽をやめてはいけない

• 社内だけで価値がある人になってはいけない

• 会社は人材市場でも引っ張りだこになるような人材を求めている

• そのような人材が集まったときに、会社はチームとして強い競争力を持てる


文=岩田真一

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい