行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

Magical Shores

ワントゥーテンが制作したシンガポール初の常設型インタラクティブランドアート「マジカルショア/Magical Shores」が2020年1月23日セントーサ島シロソビーチにオープンした。設計を担当したのは、東京とシンガポールに拠点を置く照明デザイン会社ライティングプランナーズアソシエーツ(LPA)。

「マジカルショア」は、シンガポール セントーサ島のシロソビーチを400mにわたって鮮やかな光や霧で演出し、AIが環境データをリアルタイムに解析、セントーサ島の二つの孤島に命を吹き込む。また、光と音の調和が自然本来の美しさを際立たせ、砂浜の上でのライトインタラクションなど、来場者が実際に体験できるイマーシブ(没入)空間も楽しめる。



null

ビーチの人々の動きを分析するクリエイティブAI

ビーチで楽しむ来場者の状態を判断するAIを独自開発。ビーチに設置されたセンサーの時系列データから特徴量を抽出し、「ゆったりと楽しんでいる」「活発に遊んでいる」など、ビーチ全体の人々の活動具合をAIが判断する。シロソビーチ周辺の天候や気温などの環境状態のビッグデータやビーチにおける人々の活動具合により、毎日毎時、独自開発したクリエイティブAIによって演出が変化する。

null

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい