Close RECOMMEND

I cover science and innovation and products and policies they create.

muratart / shutterstock.com

2013年のSF映画「エウロパ」には、木星の衛星エウロパの凍った大地の下に潜む、奇妙なイカのような姿をした地球外生命体が登場する。

宇宙サイエンス分野をリードする著名な科学者が先日、映画で描かれたような生命体は、決してフィクションの世界のみの存在ではないと発言した。

英国のリバプール・ホープ大学教授で、惑星と宇宙科学を専門とするMonica Gradyは、「地球以外に生命が存在する可能性を考えた場合、エウロパの氷の下に何かが居ることはほぼ確実だ」と話した。

「火星に生命が居るとしたら、それは地表の内部だろう。生命が生き延びるためには、太陽が放射する放射線を避けなければならない。さらに、岩石の細かな穴に氷が残っていることも考えられる。そこから湧き出た水が命を支えているかもしれない」

Gradyは火星での生命体の存在の可能性にふれつつも、木星のエウロパこそが太陽系で最も、エイリアンの存在が見込める場所だと述べた。

「私個人としては、エウロパのほうが生命の存在に適していると考える。そこには例えるならばタコのようなレベルの知性を備えた、生命体が居ると推測できる」

これまでの観測データから、氷で覆われたエウロパの内部には塩分を含む水が適度に加熱された状態で存在し、生命を育むのに適した環境であると推測されている。NASAはエウロパの探査計画「エウロパ・クリッパー」の実施を予定しており、早ければ2023年にも探査機を打ち上げる。

太陽系のなかで生命の存在に適した惑星としては、火星が候補にあがることが多く、近い将来には、人類の火星着陸も実現されようとしている。しかし、Gradyは火星に存在するのは、ごくシンプルな生命体のみだと考えている。

「火星に何かが居るとしたら、それは非常に小さなバクテリアのようなものだろう。しかし、いずれにせよ人類ほどの知性を備えた生命体が、地球以外の太陽系の惑星に存在する可能性は限りなく低いと私は考えている」と彼女は話した。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい