Close RECOMMEND

I write about photography and related subjects.

Sharaf Maksumov / Shutterstock.com

グーグルはGoogleフォトに保存した個人の動画がシステム上のバグで、全く知らない相手に送信されてしまう障害が発生したことを確認し、影響を受けたユーザーにメールで通知した。

今回の事態はGoogleフォトのユーザーたちに、多大な衝撃を与えるものといわざるを得ない。他人に見られたくない動画が、赤の他人にシェアされてしまうのだ。グーグルはユーザーらに対し、データやプライバシーの保護を約束してきたはずだ。

グーグルが送信したメールによると、障害の原因はグーグルの「Download your data」機能の誤作動で、保存された動画が関係のないユーザーのアーカイブにエクスポートされてしまったためだという。

その結果、一部のユーザーがアーカイブをダウンロードした際に、動画が消えていたり、他人の動画が紛れ込む現象が起こったという。

グーグルは被害を受けたアカウント数を開示していないが、障害が発生した期間の短さから考えて、比較的限定的になると考えられる。影響を受けたユーザーは、2019年の11月21日から25日までの間にDownload your data機能を用いた者に限られるという。

しかし、対象がごく一部のユーザーだったとしても、Googleフォトの利用者は世界で10億人を超えており、かなりの数の人々が影響を受けたことになる。ただし、通知のEメールの文面から、グーグルが全ての被害を完全に把握しており、該当する全てのアカウントに報告を行ったことが伺える。

グーグルはバグの影響を受けたユーザーらに対し、再度、Download your dataにアクセスし、アーカイブをダウンロードするよう求めている。この手順を踏めば、消えた動画も復活するという。

しかし、消えた動画を取り戻せたとしても、その動画が他人に見られたかどうかは不明のままであり、何の気休めにもならないだろう。さらにいうと、このような事態が別の期間に生じていたとしても、利用者は全くそれを知る術がないのだ。

筆者はこの件でグーグルにコメントを求めている。回答が得られ次第、ここに追記したい。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ