Close RECOMMEND

世界が直面する課題の解決方法


融資申請を成功に導く「評価基準」


この方法が、より広範な規模で成功する手段を見出すには、シンプルに考えて評価することが必要です。まず、最終的に自国に帰る難民の割合が低いということは、歴史や統計から分かっています。



キヴァの難民と国内避難民(IDP)向けの無利子融資は成功を収めている(Kiva)

そして、一般に、働くことができる人すべてが働きたいと思っているわけではありません。すべての人が起業家になるわけではありませんし、起業するという条件で、お金のやりくりをうまくできる人ばかりではないのです。このことを考えると、融資申請を成功に導くためには、プログラムの事前評価が重要です。評価基準の一例を以下に示します。

・監督者、ホストコミュニティ、プロジェクトの間で適切な親密さを生み出せるようにするためのオリエンテーション

・グループ分けをすることによって、参加者が安心してピアグループに馴染めるよう支援する。難民のコミュニティが、うまく機能しない場合があるため、これは重要な点となる

・個別グループ内でアイデアを持ち寄り、人的ネットワークを形成する(ニーズの市場分析を考慮する)

・参加者が当事者意識を持てるようにするため、起業について難民と直接話し合い、必要に応じてそれを反復する

・参加者が、個人またはグループの決定を自分の基盤とできるようにするための内省エクササイズ。グループ分けは相互の説明責任にとって重要

個人を対象とした、無担保のコミュニティ融資プログラムであるウィンドミル難民融資プログラムは、一定の成功を収めたプログラムのひとつです。

難民が永住者または長期居住者で、働く権利と財産を所有する権利が与えられる場合は、起業と、低利子または無利子の資金提供の組み合わせが適切で、財政的自立を達成するためのより持続可能な方法となります。

他に選択肢がなく、財政的な依存状態に陥った難民は、融資のための担保を持っていないことが多いため、この種の信託や個人を対象とした融資に適しており、証明された対象者なのです。

文=Rya G. Kuewor, Executive Director, RIO

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ