I write about how nutrition affects mental and physical performance.

eldar nurkovic / shutterstock.com

デトックスや減量をうたう商品は、現在インフルエンサーやセレブによって広く宣伝されている。これらの商品は本当に目標達成に役立つのだろうか、それともただの金の無駄なのだろうか?

国中が新年の抱負を立て、ダイエットの目標達成に向け取り組みを始める中、ダイエット業界は総じてその動きを喜んでいる。クロエ・カーダシアンは先日、数百万人のフォロワーに対しフラット・タミー・コー(Flat Tummy Co)のサプリメントを愛用していると投稿した。

これに対し、科学・医学界からはこうした商品が不要であるだけでなく、最悪の場合は害を及ぼすと警告した。医学的な意味での「デトックス」は、薬物乱用患者が耐える解毒のプロセスのみを指す。「デトックス」をこれ以外の意味で使うことは、いかなるものも正当ではない。

ここでは、デトックス商品を絶対に買ってはならない3つの正当な理由を紹介する。

1. デトックス商品は効かない


肝臓や腎臓は、毎日休むことなく体の老廃物を取り除いている。肝臓は、代謝老廃物やアルコール、植物薬や処方された薬を中和させることで、腎臓の場合はこうした物質をろ過して排出することで体を解毒している。

人工的なデトックス用サプリメントを体に入れることで、実は肝臓により大きな負担がかかるようになる。また、一部のものは脱水症状を引き起こし、腎臓に負担をかけるだろう。

老廃物を除去する臓器を支えるためにできる最善のことは、これまでよく言われてきたことで、十分な水を飲み、色鮮やかな果物や野菜を豊富に食べることだ。しかし、それをボトルに詰めてビキニを着たインフルエンサーに売り込ませることはできない。

また、デトックス商品には減量効果もない。考えてみると、安全で効果的に減量できる飲み物やサプリメントがあったとしたら肥満がこれほどまん延することはなかっただろう。

英BBC放送の潜入捜査ドキュメンタリーで、ローレン・グッジャーやマイク・ハッシーニ、ザラ・ホランドらのインフルエンサーが全員、シアン化物を含む偽のダイエットドリンクを宣伝するためオーディションを受けていた場面を見たことがあるかもしれない。ドキュメンタリー番組でグッジャーは、彼女が宣伝していることで知られ、非常に不快かつ危険にもなりかねない副作用をもたらす商品、スキニー・コーヒー(Skinny Coffee)を一度も試したことがないと認めている。

商品が効果的で安全であれば、まん延する肥満の治療に使われているはずで、一般人を誤解させることで金もうけを行う不道徳なインフルエンサーだけに「独占的に」販売されることはないはずだ。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい