Close RECOMMEND

I look at the impact of mobile technology and online media.

Getty Images

ここ2年ほどの間で、アップルが開発中と噂されたプロダクトのうちの2つが、2020年にリリースされる見通しが強まった。

アップル関連のリーク情報でおなじみの著名アナリスト、ミンチー・クオは最新レポートで、3月に発表されると噂のiPhone9(またはiPhone SE 2)や、iPad Proの新モデル、13インチのMacBook Proなどに言及したが、ここで注目すべきは新たなカテゴリの2つのプロダクトだ。

クオによると、アップルは昨年から開発中と伝えられた忘れ物防止タグの「AirTag」の発売に向けて動いているという。位置情報を送信するスマートタグ製品のAirTagに関する記述は、既にiOS 13.2のソースコード内から発見されていた。

自宅の鍵や財布に紐付けて、紛失した際に位置を通知したり、アラームを鳴らしてくれる小型のスマートタグは、米国のTile社などから既にリリースされているが、アップルも類似した製品を発売する見通しだ。筆者もTileのスマートタグをカメラバッグの底に忍ばせて、万が一盗難された場合に備えており、その便利さを実感している。

クオによると、アップルのAirTagはUWB(超広帯域無線通信)テクノロジーを採用したもので、Bluetooth LEやWi-Fiを上回る精度で、アイテムの位置を特定可能という。

AirTagは例えるならば、「iPhoneを探す」的な機能を身の回りの様々なアイテムに追加可能にするもので、新たなユーザーをアップルのエコシステムに囲い込む上でも役立ちそうだ。

アップルが発売を計画中のもう一つの注目プロダクトが、以前から期待が高まっていたワイヤレス充電マットの小型版的位置づけの製品だ。このプロダクトは暫定的にAirPower Miniと呼ばれており、小型デバイスのワイヤレス充電を可能にする。

AirPodや最新モデルのiPhoneが、ワイヤレス充電に対応しているにも関わらず、アップルが自社のワイヤレス充電器を発売していないのは、奇妙なことだと多くの人が感じているはずだ。クオはAirPower Miniのスペックの詳細については言及していないが、筆者としては、アップルがこの充電器を急速充電が可能な「Qi(チー)」規格に対応させることを期待したい。

アップルは将来的に、充電ポートを持たない完全に密閉された筐体のiPhoneの開発を目指していると考えられ、それを実現する上でも、小型のワイヤレス充電器の実現は必須の課題といえる。

クオはこれらのデバイスの発売スケジュールには言及していないが、3月のiPhone9の発表イベント、もしくは6月のWWDCのタイミングで何らかの発表が行われることを期待したい。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい