Close RECOMMEND

.

上海の繁華街、南京路。消費者が中国の富豪の増加を促している(Maridav / Shutterstock.com)

中国は資産10億ドルを超えるビリオネアが、世界で2番目に多い国として知られるが、化粧品業界から新たな富豪が誕生した。上海証券取引所に上場するコスメ企業「Proya Cosmetics」の株価は1月17日、史上最高値を更新し、創業者のHou Junchengはビリオネアの仲間入りを果たした。

Proyaの株価は17日、108.94元に達しHouの保有資産は12億ドルを突破した。2017年11月に上場を果たしたProyaの2019年第3四半期までの売上は3億600万ドル(約336億円)、純利益は3500万ドルだった。売上と利益は共に、前年から約30%の上昇だった。

売上の大半は中国の地方都市の18歳から24歳の女性たちに人気の主力ブランド、Proyaからのものだった。創業者のHouは現在56歳で、2006年に浙江省で同社を設立した。彼は1990年代に中国のコスメブランド、Yue-Saiの卸売りを基盤として化粧品ビジネスを始め、後に自社ブランドを立ち上げた。

Proyaは昨年、スペインのスキンケアブランドSinguladermと共に中国でジョイントベンチャーを始動した。さらに、イタリアの化粧品ブランドWyconと販売契約を結んだ。

中国の経済成長率は昨年、約30年ぶりの低水準となったが、消費者の支出額は堅調に伸びており、小売業界からは次々と新たなビリオネアが生まれている。

中国のコスメ業界のビリオネアとしては、Bloomage Biotechnology会長のZhao Yanや、Guangdong Marubi Biotechnology会長のSun Huaiqingらも知られている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ