Close RECOMMEND

世界が直面する課題の解決方法

ジェンダーパリティ(ジェンダー公正)を体現する輝かしい国であることを、再び証明したアイスランド (REUTERS/Lucas Jackson)

世界経済フォーラムが発表した、2019年の各国の男女格差を表す「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」では、アイスランドがトップに、北欧諸国が上位にランクインした。

今年は全体的にジェンダー・ギャップが縮小したが、その理由はなんだろうか。「ブログ (Agenda) 」をお届けする。


・アイスランドは、ジェンダー・ギャップ指数トップの地位を11年連続で獲得しました。2位以下は順に、同じく北欧のノルウェー、フィンランド、スウェーデン。

・最新のデータでは、グローバル・ジェンダー・ギャップ(世界男女格差)はわずかに改善し、68.6%となりました。それでも、現在の進捗度であれば、ジェンダー平等達成までに必要な期間は依然としてほぼ100年後と見込まれます。

・アメリカ合衆国は順位を2位落として53位。中国は3位落として106位に。

世界経済フォーラムが発表した最新のジェンダー・ギャップ指数では、アイスランドが再びトップの地位を獲得しました。

人口わずか36万人超の北欧の国アイスランド。ジェンダー平等達成までに要する年数に基づき、世界の国々を評価する指標であるジェンダー・ギャップ指数で、アイスランドは11年連続してトップの座を獲得しました。

アイスランドは、ジェンダー・ギャップのほぼ88%を解消し、第2位のノルウェーを大きくリードしました。


ジェンダーパリティ(ジェンダー公正)をけん引するアイスランド (イメージ:World Economic Forum)

100年先

最新データでは、全般に良い方向へ推移していることが示されました。

「健康」、「教育」、「労働」、「政治」の4大項目または小項目から測定されるグローバル・ジェンダー・ギャップは、わずかに改善し、68.6%となりました。ジェンダー・ギャップ解消までの平均値は、昨年の32%に対し、2019年は31.4%に改善されました。

それでも、ジェンダー平等までには依然として気が遠くなるほどの長時間を要します。現在の進捗度であれば、完全なジェンダーパリティ(ジェンダー公正)達成までには、あと99.5年が必要です。

文=Rosamond Hutt, Senior Writer, Formative Content

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい