Close RECOMMEND

I cover leadership, management and careers.

Photo by Piotr Swat / Shutterstock.com

決済企業大手の「Visa」が1月13日、フィンテック分野のスタートアップ「Plaid」を53億ドル(約5830億円)で買収すると発表した。Plaidは、VenmoやSquare Cashなどの決済アプリを利用者の銀行口座とセキュアにつなぐインフラを提供している。

サンフランシスコ本拠のPlaidは創業8年で、1年前の資金調達の際の企業価値は26億5000万ドルとされていた。2019年に同社は顧客企業数を2600社に倍増させ、英国やスペイン、フランス、アイルランドなどに事業を拡大した。

時価総額が4200億ドルのVisaの昨年の売上は230億ドルだったが、Plaidを買収するのは短期的な売上拡大を狙ってのことではない。関係筋によると、Plaidの2019年の売上は1億ドルから2億ドル程度だったという。

仮に直近のPlaidの売上が1億5000万ドルだった場合、Visaは年間売上の35倍という近年でも稀な、高い評価額で同社を買収することになる。

VisaがPlaidを買収する主な理由は2つあり、その1つはPlaidが米国の主要なフィンテックアプリの大半と連携可能な点だ(そこには、ChimeやAcorns、Robinhood、Coinbaseなどが含まれる)。Visaは買収により、それらの主要アプリに一気にアクセス可能になる。

2つ目には、Visaが決済企業として世界200カ国にネットワークを持ち、Plaidをグローバルに拡大させる上で最適なポジションに居ることがあげられる。

Plaidの共同創業者でCEOのZach Perretは現在32歳で、買収後もCEOとして会社に留まる。彼と同社を創業したWilliam Hockeyは、以前にフォーブスの「30アンダー30」に選出されていた。

Perretは今回の買収により、フィンテック分野でのPlaidのポジションを、さらに高めていけると確信している。「当社が注力する市場では、特に企業内でのイノベーションが重要になっている」と彼は述べた。

Visaは今後の3カ月間で買収プロセスを完了させると述べており、49億ドルを現金で支払い、4億ドルは株式での支払いになるという。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい