国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

キャデラックXT6

ここ数年、高級SUVの市場がかなりにぎやかになってきた。BMWのX7、アウディQ7、メルセデスベンツGLE、レクサスGX、それにボルボXC90などが激しく競争しているセグメントに、今度は新型キャデラックXT6が土俵入りした。

今年の春、日本に上陸するアメリカ伝統の高級ブランドの新SUVは、どこまで戦えるか探ってみよう。

外観は予想していたよりきれいな仕上がりで、キャデラックなりの品を感じる。長細いヘッドライトと保守的なグリルのマリアージュは、このSUVに合っている気がする。スポーツ仕様とラグシュアリー仕様の2スタイルがオファーされているけど、昨年末にロサンゼルスの試乗会では、スポーツ仕様に乗ってみた。

内装は高級感があり、シートのレイアウトはなかなか良い。レッグルームたっぷりの2列目のシートがリクライニング機能を持っているので、自分にぴったりと角度を見つけられる。これは気に入った。



2列目から簡単にアクセスできる3列目のシートには、身長175cmでもちゃんと収まる。それに、ラゲージスペースの壁にあるスイッチを押すと、まず3列目、続いて2列目のシートの背が順に倒れてフルフラットに変わるので楽チンだ。センターコンソールやドアポケットなどの収納スペースも十分と言える。

また、USBポートは6つもあって、家族全員が喧嘩せず問題なくデバイスの充電ができる。標準の8インチのタッチスクリーンは使いやすく、アップル・カープレイとアンドロイド・オートも完備。8スピーカーのボーズ製オーディオの音質は重厚で聞きやすいし、8方向のパワー付き前席も標準装備なので、各自の姿勢に合わせられる。

僕が乗ったアメリカ仕様には、ワイヤレスの携帯チャージ機能も付いていたけど、日本仕様にもつくかどうかはわからない。オプションとして夜間ビジョンとアダプティブ・クルーズ・コントロールが付いていたが、これは日本仕様に標準装備となるかもしれない。
--{前輪駆動になる「ツアーモード」も搭載}--
さて、走りはどうか? 僕が乗った4WD付きのスポーツ仕様は、走りがしっかりしているし、パワー感は文句ないけど、トルクステアが多少気になった。

「えっ、でも、その仕様には4WDが付いているでしょう?」と思う読者がいるはずだ。実はセンターコンソールに付いているノブが「ツアーモード」になっていると、4WDが前輪駆動に変わるので、駆動力は100%前輪に送られる。確かに、ツアーモードで走行すると燃費が良くなるけど、急加速した場合に、ハンドルが持って行かれるトルクステアを経験した。



XT6には、デュアルクラッチの4WDシステムに、アクティブ・ヨー・コントロールが付いている。また、スポーツ仕様はラグシュアリー仕様よりも、ステアリングのギア比がクイック。僕が試したスポーツ仕様のステアリングは多少軽すぎると思ったけど、やはり狭いパーキングで大型SUVを回すには、軽い方が良い気もする。

310馬力と367Nmを発生する3.6リッターのV6エンジンは力強く、2000回転からのトルクは十分太い。パワー不足を覚えることは一回もなかった。また、9速A/Tとのマッチングもよく、変速がスムーズでシフトショックは全く感じない。コーナーでは多少ロールするけど、非常に安定したハンドリングには関心した。乗り心地は静かでしなやかなフィーリングで、さすがキャデラックだ。

XT6は、パワー的にはレクサスGXのV8と同様の加速性をもつ。X7やQ7の走りには少し劣るが、静粛性や質感はレクサス並みと言える。この高級クラスになると、走りやパワーよりも、そのクルマのブランドイメージが物をいう。この品の良いアメリカ人と付き合うか否かは、あなたに任せる。

国際モータージャーナリスト、ピーター・ライオンが語るクルマの話
「ライオンのひと吠え」 過去記事はこちら>>

文=ピーター・ライオン

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい