I write about interesting Chinese companies

Pavel Kapysh / Shutterstock.com

中国の動画配信サイト「ビリビリ動画(Bilibili)」のCEO、陳睿(Chen Rui)は、同社の株価上場を受けて再び世界長者番付にランクインした。

ビリビリ動画は、アニメやエンタメをはじめとするコンテンツで中国のZ世代から高い支持を得ている(陳の資産額が初めて10億ドルの大台を突破したのは2019年2月のことで、この時はアリババとテンセントがビリビリに出資したことを受けて同社の株価が高騰した)。

上海に本拠を置くビリビリは、米ナスダック市場に株式を上場している。同社の2019年の株価上昇率は3%に過ぎなかったが、1月2日に12.5%、1月3日に5.4%も上昇した。

42歳の陳は同社株式の16.2%を保有する筆頭株主だ。フォーブスの試算によると、彼の資産額は11億ドルに増加した。

ビリビリは、先日初めて新年のカウントダウンライブを開催した。中国では、著名人たちによる豪華なパフォーマンスが恒例行事となっているが、ビリビリはVTuberの洛天依(Luo Tianyi)や人気オンラインゲーム「World of Warcraft」のコスチュームを着たダンサーのショー、フランス人ピアニストのリチャード・クレイダーマンによるハリー・ポッターの楽曲の演奏など、若い世代の共感を呼ぶ動画を配信して4430万ビューを獲得した。

「ビリビリのユーザー層はとても若く、彼らの支持を得るためのユニークなコンテンツを制作するノウハウを同社は持っている。中国のネット企業の中で急成長を維持できる数少ない企業の1つだ」と深センの調査会社Blue Lotus Capital Advisorsでマネージング・ディレクターを務めるShawn Yangは話す。

2019年9月時点でのビリビリの月間アクティブユーザー数は、前年比38%増の1億2790万人だった。このうち、78%は18歳~35歳だ。2020年の売上高は前年比48%増の14億ドルに達する見込みだ。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ