もし同僚に「それは食べない方がいい」と言われても、軽く受け流すこと。そうした人は大抵、何らかのリアクションを求めてこうしたコメントをする。相手の望む反応を与えではいけない。他の人の前でこうしたコメントする同僚もいるかもしれない。そういう同僚は後に脇に連れていき、人が食べている物に対してコメントするのは適切ではないと教えてあげよう。

あなたの食習慣や体形について誰かがコメントする時、それは相手の人となりを示すものであって、あなたの価値を示すものではないと覚えておこう。また、こうした扱いは容認できるものではない。就業規則を見て、見た目や食事についてハラスメントを受けてきた場合に何ができるのかを確認すること。

ハラスメントに当たらないものは何だろう? 同僚があなたの健康を真剣に気にかけて「大丈夫?」と聞いてきたなら、これは食習慣や見た目についてのコメントではない。同僚の方にも、あなたの反応が不適切であると伝える権利はある。それでも、その同僚が自分の言動に責任を持たずに、あなたの懸念を退けて反論したとしたら、そうした態度は許されるべきではない。

あなたは敬意を持った扱いを受けるべきであり、それ以下の扱いは一切受け入れるべきではない。ハラスメントをする同僚がいる場合、あなたには取れる行動がある。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい