Close RECOMMEND

海外ビジネスで成功するセルフブランディングの秘訣

ひでこコルトンさん

世界には、日本を飛び出し、自身の力でセルフブランディングして成功した日本人女性の起業家やアーティストたちが大勢います。私はニューヨークと東京を拠点に「国際イメージコンサルタント」として仕事をする中で、そうした方々と多く出会いました。

この連載では、彼女たちにインタビューを行い、海外で成功するブランディングのアイデアや、ご自身の見せ方のヒントを探っていきたいと思います。

今回インタビューしたのは、サプライズに満ちたニューヨークならではの料理教室を主宰しているひでこコルトンさん。ニューヨーク在住30年のコルトンさんは、日本ではモルガンスタンレー証券、アメリカではUBSで株のセールスに従事していました。

しかし、39歳で出産したことをきっかけに、人生観に変化が訪れます。毎日仕事に追われ、子どもとの時間を充分に取れないことにジレンマを抱えた彼女は、金融界を離れて40代で料理の道へ進むことを決意します。

なぜ、まったく畑違いの料理の世界を選んだのか。その理由は2つあります。コルトンさんは10歳で37歳だった母親を亡くし、10代のうちから妹たちのために料理をするようになりました。キッチンに立つことは生活の一部。忙しかった父が仕事の合間に作るシンプルな料理ではなく、食べる人たちの心が弾むような料理をつくりたい。この子ども時代の経験が、料理に対する情熱や探究心へとつながっていきました。

もう一つは、証券会社時代に数多くのパーティーに出席してきたこと。感銘を受けた料理や空間のコーディネート、そしてパーティーにまつわるサプライズや感動のストーリーを細かく記録し、ニューヨーク流のもてなし術とは何かを研究しつづけました。



自宅でビジネスの契約をまとめることもあるニューヨークでは、クライアントを自宅へ招いてもてなすことも重要。その良し悪しが、商談の行方に影響を与えることもあります。これは、洗練された大人にとって大切なソーシャルスキルのひとつ。そこにコルトンさんは目をつけたのです。

ニューヨークでは、平日・週末に関係なく、「ワインパーティー」「アカデミーアワードパーティー」「ペットパーティー」など、さまざまなテーマでホームパーティーが日常的に開かれています。

「ありきたりのもてなしに飽きてしまった人たちに、カクテルからお料理、テーブルコーディネート、BGM至るまで、訪れたゲストが一生忘れられないような刺激的でエンターテインメントに溢れるおもてなしを、体験しながら学べる場を提供したいと思いました」(コルトンさん)

null

42歳で料理研究家としてのキャリアをスタートしたコルトンさんは、有名シェフやティファニー、ディオールなどのハイブランドの企業と次々にコラボを実現。そのゴージャスで刺激的な独自のテーブル術は、テレビや雑誌から注目を集め、教室の予約が取れないカリスマ料理研究家へと変身を遂げました。

文=安積陽子 

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ