BigTunaOnline / Shutterstock.com

グーグルは2020年に複数のサービスの終了を予定している。その筆頭に挙げられるのが、6月に閉鎖予定の「Googleハングアウト」だ。グーグルは2017年時点でこのコミュニケーションサービスの終了を予告したが、その後も利用は可能だった。

大幅なスケジュール遅延の後、グーグルはビジネス版G Suiteのハングアウト利用者らを2020年6月までに、新サービスのハングアウトChatとハングアウトMeetに移行させようとしている。

コンシューマ版のハングアウト利用者らも今後、ChatとMeetに移行させられる予定だが、グーグルは明確なスケジュールを示していない。

ネットに接続したあらゆるデバイスからプリンターに印刷できるサービス「Googleクラウドプリント」も2020年12月31日で終了予定だ。グーグルは既存のユーザーらに、Chromeやサードパーティなどの代替サービスを利用することを勧めている。

クラウドプリントは2010年に始動したが、最後までベータ版の位置に留まり、正式版にならずに廃止されることとなった。

さらに、企業向けのリクルーティングツールである「Google Hire」も2020年9月で終了予定だ。このサービスは主に中小企業をターゲットとしてきたが、終了に踏み切る理由をグーグルは開示していない。

Google Hireは2017年に米国でスタートしたGoogle for Jobs(日本では「Googleしごと検索」として2019年1月に始動)と同時に立ち上げられたが、グーグルは既にGoogle Hireのアップデートを中止している。

2019年で廃止予定だったモバイルアプリの開発ツール「Fabric」も、2020年3月末に停止される。グーグルは2017年にツイッターからFabricを買収し、2014年に別の企業から買収したクラウドツールのFirebaseに統合していた。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい