国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

TOYOTA RAV4

モータージャーナリストとして世界を駆け回る僕は、今年、各地のモーターショーや発表会に参加し、実に100台以上の新車に試乗した。今回、その中から「BEST3を選ぶ」というお題がふられ、深く考えさせられた。その結果、僕のベスト3は、下記の3台に決めた。

それらはどれも素晴らしいクルマであり、それぞれのセグメントの概念を覆すほどのデザイン、技術と素質を持っている。

その3台とは、トヨタRAV4、マツダ3、ポルシェ・タイカンだ。

それぞれ一言で表現すると、RAV4は多くの人が乗り慣れている現在系のガソリン・ハイブリッドの代表的なSUVで、マツダ3はいま最も格好良い手頃なハッチ&セダン、また出たばかりのタイカンは電気自動車(EV)の定義を完全に覆している。

海外からも高評価のSUV

まずは、トヨタRAV4の新型車だ。1994年に登場し、コンパクトSUVのセグメントの開拓車となったこの車の5代目は、今年、日本カー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得した。

トヨタのTNGAというプラットフォームのもとで作られており、デザインはよりマッチョで土臭く、燃費抜群のハイブリッド仕様。悪路で頼もしい世界初のトルクベクトリングAWDが組み合わさっているので、SUVの新スタンダードとなっている。

海外でもかなり評価が高く、「ドラマチックな外観、インテリアの質感、優れたAWDのおかげで、今までにない頑丈さとスリル満点のオフロードの走りを実現した。しかも、価格も手頃。SUVセグメントのリーダー争いに加わった」と英国の有力誌オートエキスプレスがいう。

僕はオンロードでもオフロードで試したが、どの路面でもグリップ性が非常に高く、ドライバーに安心感を持たせるし、乗り心地もクラストップだ。ガソリン仕様とハイブリッド仕様があるけど、そのスムーズな加速性、シャープな走り味をもつガソリンの「アドベンチャー」仕様を一押ししたい。内装も高級だし、家族で自由自在に使える広さを誇るRAV4は間違いなくこのクラスの新しい形だ。

魅力は「ルックス」だけじゃない


MAZDA3

次はマツダ3を見てみよう。マツダは、日本一の美しいカーデザイン、日本一誇れる赤い塗装などの歴史を持つカーメーカーとして認識されている。そのマツダが今度は、画期的なエンジン技術、スカイアクティブXで市場を誘惑しようとしている。この技術を搭載しているのが、今年登場したマツダ3だ。

僕は、マツダ3は日本一、いや世界一の格好いいコンパクト・ハッチ&セダンだと思っている。でも、その魅力はルックスだけではない。

この一台には、クルマ好きが好むフィーチャーが付いている。画期的な「スカイアクティブX」技術のほか、スカイアクティブのガソリン仕様もディーゼル仕様、前輪駆動と4WD、それに6速M/Tと6速A/Tのオプションから選べる。他にこんな車はないし、この小型車の概念を変えようとしている。

文=ピーター・ライオン

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい