世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Getty Images

世界経済フォーラム(WEF)は、各国の男女格差の大きさを調査した「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」2019年版を12月17日に発表した。日本は調査対象となった世界153カ国のうち、121位(2018年は110位)、G7のなかで最低だった。

ジェンダー・ギャップ指数では、各国の男女の格差を経済・教育・健康・政治の4分野14項目で分析。各分野における男女格差に着目し、評価している。

日本の評価は、教育ならびに健康の分野は高いものの、経済と政治の分野は芳しくない。政治分野における男女の権限にて、日本のランクは144位(スコア0.049)。経済的機会においては115位(スコア0.598)と、他の先進国と比較しても著しく低い結果となった。ちなみにアイスランドは政治分野で1位(スコア0.701)、経済分野で2位(スコア0.839)だった。

男女格差解消に貢献する上位の国々は1位から、アイスランド、ノルウェー、フィンランド、スウェーデンと北欧諸国が並んだ。

この121位という結果についてSNS上で話題となっており、反応は様々だ。

そこで120位のアラブ首長国連邦、122位のクウェートがどんな国かみることで、「121位」を実感する、ヒントになるのではないだろうか。2カ国の実態を調べた。

120位 アラブ首長国連邦

中東に位置する同国は、人口が約940万人。イスラム教を国教とし、7つの首長国からなる連邦制国家。2006年では101位、政治分野で回復は改善があったものの、経済分野で数字を落とした。

・2006年の段階で労働市場にいる女性は20%に満たなかった。

・結婚していない男女の性行為や結婚しないままの出産も違法。結婚前の同棲も違法。

・再婚するには男性の許可が必要で、イスラム教徒の女性が非イスラム教徒の男性と結婚することは違法だ。

・ドバイでは、アラブ首長国連邦(UAE)のジェンダーバランスを改善するためにつくられたジェンダーバランス表彰が行われ、表彰された人が「全員男性」だったと話題になった。

文=井土亜梨沙、大竹初奈

PICK UP

あなたにおすすめ