Close RECOMMEND

新:歌舞伎町論

私達のグループは全店で明瞭な会計ルールを実行した。そこで起きた問題とは

先日プチぼったくりにあった。それは確実に「プチぼった」と言って良かったように思う。しかし私は特にその後アクションを起こさなかった。

「ぼったくりとか怖くて歌舞伎町行かないんですよね~」
「ぼったくりってどうやったら遭わないんですかね~」

歌舞伎町で働いていると言うと、よくそんな質問をされる。私は先ずは聞き返す。「ぼったくりって、どういう意味ですか?」と。大体の方が、本人が被害にあった訳ではなく、テレビなどで観たイメージの話が多い。

「テレビとかでよくやっているじゃないですか。女の子にキャッチされて〇〇円って言われて付いて行ったら、カウンターに強面の人がいて、雰囲気が怖いので、すぐにチェックをしたら会計が10万円だった」

話があまりにも抽象的な主観でまとめられたものが多い。そして実際に被害に遭った人も大概酔っぱらっているし、客観性を欠いた話が多いのだ。

ぼったくりの争点とは何なのか

では、現実にぼったくりとは法的にはどういうものなのか? 東京都では2000年に「性風俗営業等に係る不当な勧誘、料金の取立て等及び性関連禁止営業への場所の提供の規制に関する条例」が施行された。いわゆる「ぼったくり防止条例」だ。

「当該営業に係る料金について、実際のものよりも著しく低廉であると誤認させるような事項を告げ、又は表示すること。(第四条一項一号)」。簡単に言うと店側が最初に提示したサービスと金額が、実際は異なってはいけないということ。

強面の人がいようが、お通しがしょぼかろうが、思ったようなサービスを受けられなかったとしても、それは基本的に主観であって、それだけでは「ぼったくり」には該当しない。なぜなら、ポイントは「事実」なのだから。

3年ほど前、歌舞伎町はぼったくり被害がものすごく多いと言われている時期があった。

当時、東京都弁護士団が週末になると街を徘徊し、客引きや店側、通行人などにぼったくりに気を付けるように呼び掛けをしたり、「客引きには付いて行くな」と、聞きやすい著名人の声を使った街頭アナウンスを1日中繰り返していた。

だからといってぼったくりの被害は減ることはなく、毎日のようにぼったくりに遭ったという客とお店の人間が連れ立って歌舞伎町交番に列挙し、歌舞伎町交番の前は人だかりが出来ていた。

争点は、事前に料金説明をし、目に入るところに料金表があったかどうか? 客が了承の上での料金であったか? 「料金システムを説明した」という店側の主張と、「聞いていない」という客の主張の言い合いだ。

警察官も、それが「ぼったくり」に当たるのかどうかという議論に付き合わなければならず、大変だったと思う。なぜなら、事実と主観が入り混じりることで、綺麗に線引きが出来ず、皆が第三者として警察官を求めていたからだ。

2000年に「ぼったくり防止条例」が施行されたが、大体のプチぼったくりと言われているお店は、問題視されている点をクリアしていることが多い。店側は揉めることに馴れているのだ。

飲食店全般で遊ぶ時において、料理や飲み物はその都度注文して最後にお会計をすることが多い。そして会計が思ったより高い安いというのは誰でも経験があることだろう。

しかし、キャバクラやホストクラブにおける、その「思ったより高い」と思わせる要因は実は明確だ。なぜなら意図的にそうしている側面があるからだ。

ぼったくり ワイン

文、写真=手塚マキ

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい