Close RECOMMEND

Travel

Tupungato / Shutterstock.com

多くの企業が間違いを犯すが、中には大きな代償を生む間違いがある。

レンタルビデオ企業ブロックバスターは、2000年にネットフリックスを約5000万ドル(約54億円)で買収するチャンスがあったものの、これを辞退した。この金額は当時、ブロックバスターが支払うには高すぎると受け止められていた。もちろん、今考えればそれが誤りであったことは明らかで、ネットフリックスの時価総額は現在約1450億ドル(約15兆8000億円)である一方、ブロックバスターの店舗は世界で残り1つになってしまった。

またヤフーは2001年、グーグルを約10億ドル(当時の為替レートで約1200億円)で買収する機会を逃した。グーグルの現在の時価総額は8000億ドル(約87兆円)を超えている。ヤフーはさらに2008年、マイクロソフトへの440億ドル(当時の為替レートで約4兆5000億円)以上での身売り案を拒否したが、最終的にはベライゾンに40億ドル(同約4500億円)余りで売却された。

一方でアメリカン航空は、30年近く前に犯した過ちの代償を今も払い続けている。同社の間違いによる損失は、先に挙げた例ほど莫大な金額ではないかもしれないが、利益率が低い航空業界では大きな判断ミスだった。

アメリカン航空は1981年、燃料や人員確保のための資金繰りが悪化し、現金が底をついていた。ロバート・クランドール社長は、コストを大幅に削減して同社を根本から作り直そうと試みた。

当時の金利は高かったため、同社は手っ取り早く現金を手に入れる別の方法を思いついた。それは生涯ファーストクラス乗り放題のチケットを25万ドル(当時の為替レートで約5500万円)で販売することだ。

「Aエアパス(AAirpass)」として知られるこのチケットは現在、インフレ調整を加えると57万ドル(約6200万円)の価値がある。1994年の販売終了までに、28人がAエアパスを購入した。

アメリカン航空はすぐに、このチケットの問題点に気が付いた。レストランでの飲み食べ放題などでは通常、一人が飲食できる量に限りがあるため、サービス乱用は起きにくい。しかし、ファーストクラス乗り放題チケットを購入した顧客は、ここぞとばかりに利用を繰り返した。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい