Close RECOMMEND

Photo by Boston Globe / Getty Images

世界の有名美術館や大学が相次いで、米国の大富豪ファミリーのサックラー家(Sackler)の名前を建物から消し去り、今後の寄付を拒否する方針を打ち出した。

背景には、名門一家として知られるサックラー家が、米国で大問題となったオピオイド系鎮痛剤「オキシコンチン」の製造元で、破産申請を行った「パーデュー・ファーマ」を保有していることが挙げられる。

最近になり、サックラー家との絶縁を宣言した機関としては、まずタフツ大学の名が挙げられる。マサチューセッツ州メドフォードにある同大学は先日、5つの建物と講座からサックラー家の名を消し去った。その理由をタフツ大学の医学部長は、ニューヨーク・タイムズ(NYT)に対し、「学生に不快感を与えるからだ」と述べた。

ワシントンD.C.のスミソニアン博物館でも、これまでサックラー家の名を冠していたギャラリー、Arthur M. Sackler Gallery and the Freer Galleryの名称を変更し、新たにNational Museum of Asian Artと名づけた。

パリのルーヴル美術館は7月に、世界のアートミュージアムとしては初めて、建物からサックラー家の名前を消し去り、グレーのテープでマスキングして見えなくした。

ロンドンのテート・ギャラリーやニューヨークのメトロポリタン美術館、アメリカ自然史博物館も既に、サックラー家からの資金の受け取りを拒否すると宣言している。

フォーブスは2016年時点で、サックラー家の保有資産を130億ドル(約1兆4000億円)と推定していた。「現代のメディチ家」と称されるサックラー家の成功物語は、第1次世界大戦後にニューヨークにやって来たユダヤ人移民の3兄弟、アーサー・サックラーとモーティマー、レイモンドらが1952年に製薬会社を買収し、パーデュー・ファーマを設立した頃から始まった。

既に他界したアーサーの未亡人のジリアン・サックラーはNYTの取材に「夫が亡くなったのは32年も前のことで、彼はオキシコンチンとは関わりが無い。彼は巨額の寄付を行ったが、その資金はオピオイド薬とは無関係だ。アーサーが非難されて、私は心から悲しい」と述べた。

サックラー家の弁護士は現在、タフツ大学の決定に異議を申し立てる訴訟の準備を進めている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい