I study technology disruption in individuals, companies and societies.


向こう数年で、多くの人の働き方が大きく変わっていくだろう。私たちはなぜ、産業革命時代に作られた決まりを固持しているのだろうか? 当時の仕事のタイプは今とは全く違うもので、特定の機械を利用したり、人と人とが直接顔を合わせて働いたりする必要があった。

上司ははぜ今も、部下を決められた時間に出退勤させたがるのだろうか? 在宅勤務であれば今まで通勤に要していた時間を有効に利用できるのに、1日2時間以上も渋滞や電車の中で過ごすよう強いるのはなぜか?

技術の進歩により、場所を問わずに効率的に仕事をできるようになった。「これまでそうしてきたから」という理由だけで旧来のやり方にしがみつくのは、ばかげている。今や新しい選択肢がある。そうした選択肢の多くは、良いアイデアであるのみならず、他の多くの問題を改善してくれるかもしれない。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい