I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

Getty Images

自分が転職すべき時期にあることをはっきりと感じる時もあるが、常にそうとは限らない。別の仕事を探すべきことを示すサインの中には、分かりにくくて見逃しやすいものも多い。以下に、新たな仕事を探すべき時期にあることを示す4つのサインを紹介する。

1. いらいらする

朝起きた時から一日のおわりまで不機嫌な気分でいる日が続くようであれば、今の仕事について考え直すべき時だ。いらいらが長く時期が続いたり、本来だったら気にならないことにかっとなってしまってしまったりしていないかに注意する。

いらいらは多くの場合、帰宅後も続くため、勤務時間外にも自分の気分について気を配ろう。終業後や週末も怒りやフラストレーションが続くようなら、今の仕事が悪影響を与えていることを示す明らかなサインといえる。

2. モチベーションを保てない

毎日仕事へ行くのがおっくうでたまらない。仕事中はずっと退屈で、自分のシフトの終わりが唯一の楽しみになっている。必要な業務は終わらせるものの、ただ型通りにこなしているだけ。本当は勤勉な社員なのに、気づいたらなまけ者になってしまっている。

このような状態がたまにあっても、それは自然なことであり問題はない。ただそれが続く場合は、新たな環境を探し始めるべき時期を示す明確なサインだ。

3. 常にストレスを感じる

ストレスはさまざまな形で現れるため、見過ごしやすい。一般的なストレスの兆候としては、病気や疲労感、にきびの悪化などの皮膚の問題、不眠、頭痛、消化不良などがある。また、爪を噛んだり、まぶたが痙攣したり、落ち着きがなくなったりする形で現れることもある。一日を通じた自分の精神状態や行動を見直すと、自分がどれほど頻繁にストレスを感じているかを知ることができる。

仕事中にずっとストレスを感じるようになったら、職を変えるのが最も健全だ。新たな仕事を探している間も、自分のストレスレベルをコントロールする方法を模索してみよう。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい