.


ビットコインの供給抑制メカニズムは、この資産に最初から組み込まれている多くの優れた機能のひとつであり、ビットコインの投資ダイナミクスをコモディティと隔てている要素でもある。さらに、新たなビットコインの供給は、ますますまれになる予定で、いずれは事実上、停止される。

とはいえ、ビットコインのようなプルーフ・オブ・ワーク形式の暗号通貨は、株式に類するものでもない。ビットコインは何かの株ではない。ドルがアメリカの株ではないのと同じだ。

少なからぬ数の人はそうでなければいいと思っているかもしれないが、ゴールドは通貨ではない。一方、ビットコインはコモディティでもないし、株式のたぐいでもない。ビットコインは、まだあまり理解されていない独自の資産タイプなのだ。

ビットコインはきわめて希少な資産で、強力にブランディングされ、変動が途方もなく大きく、複数のユースケースがある。広く受け入れられつつあり、ゴールドが担っている仕事の多くを、ゴールドよりもうまくこなしている。

これに対して、ゴールドは実用的な用途があるコモディティだ。ごく単純だが重要な理由から、各国政府が備蓄している。

ゴールドは、戦時に価値を認められる唯一の通貨だ。明らかに勝ちそうな側では紙幣も機能するかもしれないが、戦争の結果が判然としない場合には、金(かね)として通用するのはゴールドだけだ。そのため、各国政府は現在でもゴールドを蓄えている。

ゴールドが戦時の究極の通貨であることに変わりはないが、ビットコインは急速に、戦争のような事態から逃避する際に選ばれる資産になりつつある。世界人口の多くが一党独裁政権や人権無視の政権に支配される一方で、投資先の見通しがますます難しいものになりつつある世界では、ビットコインのニーズが増大しない可能性は低いように思える。

ゴールドの役割はひとつのユースケースとして維持されるだろうが、ビットコインは、この市場において次第に大きなシェアを占めることになるだろう。

翻訳=梅田智世/ガリレオ By Clem Chambers and Intelligent Investing

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい