フォーブス ジャパン編集部 エディター

(一番左)emol代表取締役の千頭沙織

社員の健康状態、精神状態が良好であることが生産性の向上、ひいては企業の成長につながっていく──いわゆる「健康経営」が、ここ数年で注目を集めている。

この健康経営を実践する上で、欠かせない概念が「ウェルビーイング(Well-Being)」だ。ウェルビーイングとは、幸福感や満足感があり、それほど大きな悩みもなく、身体的、精神的に健康で、生活の質も高い状態のことを指す言葉。昨今、さまざまなメディアで取り上げられていることもあり、耳にしたことがある人も多いだろう。

そんなウェルビーイングの実現を目指し、企業向けにメンタルトレーニングサービスを展開しているスタートアップがある。それが「emol(エモル)」だ。

2019年12月2日、同社は法人向けのメンタルトレーニングサービス『emol work』のβ版をリリースしたことを発表した。また今回の発表に併せて、F Ventures、MIRAISE、Chatwork創業者の山本敏行、バスケット創業者の松村映子、Increments創業者の海野弘成を引受先とした、総額2000万円の資金調達を実施したことも明かした。

今回、調達した資金はメンタル向上トレーニングの新規コンテンツ作成、開発体制を強化しプロダクトの改善に充てる予定だという。

アガリ症をトレーニングで克服。この経験を多くの人に

「仕事でパフォーマンスを発揮できないのは、メンタルの問題が深く関わっているのではないか。例えば、緊張してしまうせいで思ったようにパフォーマンスを発揮できない、人の目が怖くて発言できない、不安で眠れない、コミュニケーション方法がわからないなど、本当はすごいポテンシャルを持った人かもしれないのに、メンタルが弱いということで正当な評価がされないことがあります。

ただ、『自分はメンタルが弱いから……』と諦めている人もメンタルをトレーニングすることで、変わることができる。それを多くの人に実感してもらいたい、と思ったんです」

創業の経緯について、こう語るのはemol代表取締役の千頭沙織だ。彼女はもともと、アガリ症で人前でパフォーマンスが発揮できないことにずっと悩みを抱えていた。人前に立つと冷や汗がすごく出たり、手が震えたり。それを恥ずかしく思うせいで、人とのコミュニケーションが嫌になった時期もあったという。

「ただ、自身で認知行動療法とマインドフルネスを実践し、意識的にメンタルのトレーニングをすることで100人以上の前でピッチができるほどに成長し、仕事でも自信が持てるようになったんです。自分が変われたからこそ、この経験を多くの人に……」

文=新國翔大

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい