Close RECOMMEND


その上で、地域規模の災害が従業員に仕事以外でどんな影響を与える恐れがあるかも把握しておく必要がある。全従業員に対して家族の避難計画を立て、防災バッグを用意するよう促そう。

自社の従業員は、火事で離れ離れになった場合の対処方法を家族と話し合ったことがあるか? あなた自身はどうか? 部下に対し、責任ある行動の手本を見せられているか? 従業員と最近、地域規模の災害や防災準備について話し合ったことがあるだろうか?

3. 持続可能性に投資する

私たちは皆、高まる異常気象の脅威に直面しており、現状のインフラでは概してその影響を回避できない。カリフォルニアの森林火災では、電力会社が予防策として行う計画停電に対して、企業が在宅勤務や自家発電などで備える必要も生じている。

こうした対策には、時間と資産の投資が必要だ。リーダーシップや上層部の前向きな姿勢がなければ、優先事項として扱われることはほとんどない。その価値を伝え、必要なリソースを投じられるどうかは、ビジネスリーダーにかかっている。

防災準備を整えることは、企業の社会的責任を実践するとともに、自社のビジネスと従業員や地域社会を守る良い機会となる。誰にとってもウィンウィンの施策だ。各地のビジネスリーダーに対しては、備えの文化のモデルとなるべく、少し時間をかけて計画を立てることをお勧めする。そうすれば、私たち皆の安全性と回復力が強化されるだろう。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ